[ゲームRev] かまいたちの夜×3 - 2 -

金のしおり到達までのトータル時間約20時間。
やば、攻略サイトに頼りすぎた(ぁ

犯人は結構早めにわかっていたのに、
1, 2以上にフラグが複雑で、なかなか犯人入力シーンにたどり着かず、
しかもEDを15個ぐらい見たあたりから新しいシナリオすらも発生しなくなって、
結局攻略サイトに頼ってしまいました。
そしたら進む進むw


真相編(メインシナリオ)のシナリオ進行具合は、2よりは1に近いかな。
一撃死な選択肢が少なく、
かといって謎を解明しないと人が次々と死んでいってしまうというスタイルが。

このシナリオ、主人公は香山・透・俊夫・啓子の4人いるけれど、
シナリオ進行上重要な位置にいたのは結局、透と俊夫の2人だけだったような。
啓子シナリオは別シナリオに絡むからともかくとしても、
香山シナリオは正直必要だったのか疑問。

システムが複雑なためなかなか新しいEDにたどり着けなかったけど、
あのザッピングシステムもどきは良かったと思うです。
あるキャラクターで選んだ選択肢が、
他のキャラクターのシナリオに影響を及ぼすというところがおもしろい。
思っていた以上に芸が細かくて感心しました。
あと、4者4様の視点から出来事を見られるというのも新鮮でした。


ピンクのしおり出現後に見られる番外編。
1の不思議のペンション編を軸に、2の官能篇の雰囲気を加えて、
制作者サイドが悪ノリしたらこうなった、という感じ。
とりあえず、○女子的な表現をすると、
美樹本×透は製作者サイドも認めてるんだなぁ、ていうところだけが
強く印象に残りました。。。それもどーだろ。orz


紺のしおり出現後の見られる犯人編。
真相編の完シナリオで残った謎が明かされるシナリオだけど、
あーなるほど、という感じ。
とはいえ、シナリオの雰囲気は2の惨殺篇か妄想篇っぽかったような。


で、金のしおり出現後に見られるエピローグ追加分。
これで「かまいたちの夜」も終わりかぁ・・・という雰囲気が全面に出てて、
少し寂しくもあったり。


BGMは、1の特別篇と2の使い回しが多かったような気がする。
新曲もいくつかあったけど。俊夫シナリオでよくかかる西部劇っぽい曲とか。
とはいえ、サントラは出なさそうだなぁ。。。


今作はサブシナリオが少なくて、それはちょっと残念。
攻略サイトに頼らず自力でクリアを目指そうとすると
それなりにプレイ時間もかかるし、結構なボリュームになるだろうから、
まぁ、わからないでもないけれど。
番外編以外にも、真相編から離れたシナリオが読みたかった気もする。
まぁ、2で出し尽くしてしまったのかもしれないか。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック