[雑記] 2006年もろもろ振り返ってみる

2006/12/31(日) 17:01:19 | カテゴリ:雑記
今年も恒例(?)の振り返りをしてみる。

■ゲームこの1年
テイルズに始まり、テイルズで暮れた1年でした。
「テイルズ オブ ジ アビス」(以下TOA)がクリーンヒットし過ぎたというか。
ストーリー、キャラクター、システム、全てがツボでした。
おかげで、ゲームは4周プレイ。
その末に攻略本とサントラ(普通版と藤原版の両方)と主題歌CDを購入。
そこまでならよくあることなのだが、
さらにアンソロジー本、画集と買い漁り、
ついうっかりTOA本目当てにコミケ初参戦したり。
TOAの浸かり具合は現在進行形なので、来年もしばらく続きそうです。

ゲームについてはもう一本。
TOAほどドはまりしたわけではないけれど、
かなり長々とやり続けたために忘れられない作品が。
「ペルソナ3」です。
プレイ時間は143時間だったと思う。
1は200時間ぐらいかかってるので、それよりは短いけれど、
それでも最近のゲームにしてはかかり過ぎたというか。
でも、ストーリーはおもしろかったので後悔はしてません。

■GMこの一年
前半は「アルトネリコ」、後半は「ペルソナ3」って感じでした。

アルトネリコは、サントラももちろん良かったんだけど、
なんと言ってもヒュムノスコンサートの出来が良すぎでした。
ゲームは未プレイなのに、ここまで聴けるCDも珍しい。
あれは、サントラではなく普通に音楽CDとして聴けます。
民族音楽調の歌モノがいけるなら、かなりオススメ。

ペルソナ3のサントラは、ゲームのまだ序盤を進めていたときに購入したけれど、
ゲームを知らなくてもかなり聴けました。
もちろん、ゲームをプレイしてから聴いた方が、入り込み方が違うんだけど。
全体的な曲調はかなりポップなので、そのあたりは好みによるかもしれないが、
ラストバトル曲とかED曲とか、名曲が多かった。

■読書この一年
今年はあまりこれって言うのがなかったなぁ。
強いてあげるなら、宮部みゆきさんの「ブレイブ・ストーリー」だろうか。
結構長いけれど、良作でした。特に下巻。
いつも通勤・帰宅電車の中で読書をしているんだけど、
下巻は気を緩めると泣きそうになって、電車の中で読むのはかなり辛かったです。
それくらい良い作品でした。

ちなみに、映画版を見る予定があるのなら、
原作読む前にそっちを見る方をオススメします。

■マンガこの一年
今年も「のだめカンタービレ」な一年だったなぁ、という記憶しか。。。
ドラマ版の出来も良くて、期待以上に楽しめたし。

■その他この一年
音系同人の話だけど、大嶋啓之さんの曲にどっぷり浸かっていたような気がする。
ORBITAL MANEUVERシリーズから始まり、
アニメ版「ひぐらしのなく頃に」ED曲の「why, or why not」、
そしてひぐらしイメージCD「かけらむすび」と、
大嶋曲好きにはたまらない1年でした。
冬コミ新作「Soar」と「オノケンサンバ2」は、近いうちに購入します。


今年一年は去年より長かった気がするなぁ。。。
公私ともども色々あったせいだろうか。
まぁ、なにはともあれ、今年の振り返りもこれで終了。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック