[音楽] BUMP OF CHICKEN / THE LIVING DEAD

2007/02/27(火) 00:13:55 | カテゴリ:音楽
TOAにハマり、
その主題歌の「カルマ」にハマり、
そしてBUMPにハマるという、
実に見事な3段コンボを決めた友人から借りました。
BUMP OF CHICKENの2枚目のアルバム、ですかね?

前にも一枚BUMPのアルバムを借りていたけれど、
しっかり聴き込んだのはこれが初めてかも。

歌詞のリアルな物語性にひたすら感動。圧倒されるなぁ、これは。
俺がラヴソング苦手なタイプだからかもしれないけれど、
世の中にたくさん転がってるちょろ甘でステレオタイプなラヴソングよりは、
こっちの重厚な人生観・死生観の方が断然好みです。

1. Opening
なんというか、その、スナフキンぽい?
スナフキンもよく知ってるわけじゃないんだけど、雰囲気が似てるような。

「えーと、うん」が激しく直撃しました。

4. 続・くだらない唄
この曲がこのアルバムの中では一番好きです。
好きというか、ものすごく共感したというか。
俺も数年前に地元から、
電車(+新幹線)に乗って3時間ちょっとの大都会に出て来たクチだけれど、
その日々の流れとともに失しちゃいけない何かを失っているような
空虚感、喪失感を感じることが増えてきてたところだったので。
この曲がそれを適格に表現してくれた気がする。
今自分が地元に帰って、木の下に手頃なヒモと手頃な台を見つけたら、
全く同じことをしそう。ぼろ泣きするところも含めて。

5. ランプ
優しい曲。心の中がじんわり温かくなるような、そんな曲。
この世で一番信じられないのが自分自身だったりする自分にも、
ランプがあってもいいのかなっていう気にさせられる。

あと、この曲のサビのテンポとリズムが、
ピンポイントでなんとなくお気に入り。

6. K
この物語性はすごい。ショートムービー見てるみたい。
ツンデレな黒猫と貧しい青年画家の話なんだけど、
ラストはいつも胸が詰まる。
もうね、とにかく黒猫が格好良過ぎる。
後半はその一生懸命さに応援したくなるし。
歌を聴いてその登場人物を応援したくなるってのは、初めての経験だなぁ。

9. グロリアスレボリューション
最後のオチにちょっと笑ってしまった。
他の曲が最後にちょっと持ち上げるタイプだったので、
そう来るのかよっ! て感じ。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック