[TV] 2007年冬ドラマ

2007/03/26(月) 22:16:48 | カテゴリ:TV
今期冬ドラマ、とりあえず最後まで見たのは
「ヒミツの花園」と「ハケンの品格」の2本でした。
それに加えて、帰宅が間に合えば「相棒」も見ていたくらい。


■ヒミツの花園
序盤は独特のテンポになかなか入り込めなかったけれど、
中盤あたりから急に化けた作品でした。
コメディのテンポも良かったし、
シリアスとコメディのメリハリも良かったし、
「まだあるのかよっ!」てツッコミ入れたくなるくらいの秘密の数も良かったし、
何よりキャストが良かった。
最終回がイマイチ盛り上がりに欠けたのは残念だったけど、
中盤?後半がかなり楽しめたからまぁいいや。

堺氏のびみょーな微笑みにひかれて見始めたこのドラマ、
穏やかな笑みよりも、時折見せた冷たい言動の方が直球ど真中でした。
天然っぽいボケっぷりを見せる航兄ぃも好きですが。


■ハケンの品格
第3回あたりから見始めて、
最後まで安心して楽しめた作品でした。
会社員として耳に痛過ぎる台詞が所々にあったおかげで、
録画しても見直すということはできなかったけれど(ぁ

大前春子のあの資格の数は、
あそこまであるとリアリティが完全になくなる代わりに、
コメディ色を前面に押し出せて良かったかも。
最終回の「核燃料取扱資格」には想定外だったけれど。
いまさらどんな資格が出ても驚かないと思っていたのに、「そこへ行くかぁ!」って。


来期の鑑賞予定は、今のところテレ朝深夜枠の「時効警察」ぐらいかなぁ。
前シリーズおもしろかったし。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック