[本] 黒猫の三角

2007/07/30(月) 23:41:14 | カテゴリ:
森博嗣「黒猫の三角」(講談社文庫)読了。

1年に一度、ある法則に則って発生する連続殺人事件。その事件の今年のターゲットとなる可能性に我が身を案じた小田原静江は、探偵兼何でも屋の保呂草に護衛を依頼する。
そして6月6日。法則が当てはまるのならば、殺人事件が起こるはずの日。小田原宅ではパーティーが催されていた。保呂草ら「阿漕荘」の面々が、外と中から監視していた最中、静江が鍵のかかった自室で絞殺された。


読んでる期間中にいろいろゴリゴリされた(?)おかげで、
気が付けば読了までに一ヶ月以上経過。。。
京極本じゃあるまいし、ちょっとかかり過ぎ。

Vシリーズの記念すべき第一作。
読み終わってみれば、第一作目だから成り立ってる作品とも言えるかも。
見方を変えると、やっぱりシリーズの途中ではなく、
第一作目から読んでおけばよかったなぁとも、今さらながら思う。
シリーズ途中から読み始めたために、半ばくらいで犯人わかっちゃったし。
もっとこう、「ちょま・・・・っ!」的な驚きを得たいなら、
この一作目から読むのが無難かと。


シリーズ後半でちらちらと出てくる練無の話がこれでは少しも触れられてないので、
二作目の「人形式モナリザ」も読むかも。積ん読が読み終わったら。
・・・・・・なんて言ってると、そのまま惰性でVシリーズ全部読みそうな気がする。

とりあえず、コミック版「黒猫の三角」読むか(ぇ

コメント

この記事へのコメント

黒猫の三角のコミックがあるなら見たい!
2007/08/01(水) 21:09:55 | 世詩絵 #-[ 編集]
率直に言い直せば「持ってこい」ってことでOK? まぁ金田一の新刊もあるから、ついでにまとめて持って帰るですよ。
2007/08/01(水) 23:50:44 | ふゆき #4hr1sXUc[ 編集]

コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック