[音楽] Mr.Children HOME TOUR 2007 - in the field - 新潟公演

2007/08/12(日) 14:56:06 | カテゴリ:音楽
Mr.Children HOME TOUR 2007 - in the field -の
8/11新潟公演に行ってきました。
会場はビッグスワン。2万人以上入ったそうです。

新潟公演は96年の「regress or progress」以来、11年ぶりだろうか?
「It' a wonderful world」で企画されたが中止になったってのはあるけれど。
確か「regress・・・」のときは財力のない高校生で、
しかも同じ新潟県内とはいえ縦に長い新潟県の南の果てにいたので、
当時は参加断念。
それ以来「一度くらいは地元公演が見たい!」と思い続けていたのが、
ようやく叶いました。感無量。

席はステージ向かって一番左の一番前のブロックでした。
Mr.Childrenのライブ参戦5回目にして、一番ステージに近い席だったのだけど、
一番端なので演出の一部は見えません。運が良いのか悪いのかわかんないなw
ステージに近いということは、スピーカーとライトと液晶パネルも近いというのも、
光にすこぶる弱い俺にとっては喜んでいいことなのかどうか微妙なところ。。。
まぁでも、ステージ脇にメンバーが来れば、
表情どころか視線の動きまで肉眼で見えたわけだから、
やっぱり喜ぶべきところなのかも。

当日は雲一つない快晴の上、風もほとんどなく、気温はぐんぐん上昇。
ものすごく暑くて、ライブ最中の記憶が途中から抜けてます。。。orz

セットリストは、多分下の通り。
-----
1.彩り
2.名もなき詩
3.星になれたら
4.シーソーゲーム
[MC(1)]
5.CROSS ROAD
6.Tomorrow never knows
[MC(2)]
7.my life
8.ひびき
9.もっと
10.HERO
11.imagine(John Lennon)?CENTER OF UNIVERSE
12.Dance Dance Dance
13.フェイク
14.Any
[MC(3)]
15.口笛
[MC(4)]
16.Sign
17.ポケット カスタネット
18.Worlds end
19.終わりなき旅
20.しるし
[encore]
21.Wake me up!
22.innocent world
[MC(5)]
23.旅立ちの唄
-----

HOMEツアーなのに、HOMEの曲が半分ほどしかなかったです。
「SUNRISE」聴きたかったなぁ。
HOME曲が少ない代わりに、いつも以上にシングル曲が多いかな。
あとは「my life」や「Dance Dance Dance」など、ライブ定番の曲。
シングル曲+定番曲で固めた「ライブベスト盤」みたいな装いでした。


以下、記憶に残ってる楽曲等について雑感。

MC(1)
桜井さんの
「今回のツアーは”HOME”ということなんですけれど、
ぼくたちにとって、新潟は”AWAY”なんです」云々に、
会場から一斉に「えぇー」というブーイング。
「えぇー」って、そんな理不尽なw 山形ならともかく。

CROSS ROAD
元々バラードに近い曲だけど、さらにバラード性を強めて
ドラマティックなアレンジになってました。これは良いアレンジ。

Tomorrow never knows
原曲とはうって変わり、Jazz&Bluesっぽいアレンジに。
最初、何の曲かわからなかったくらい、かなり原曲破壊系。
でも、これがカッコ良かった。
この曲聴けただけでも、今回のライブに参戦できた甲斐があった。それくらい良曲。

MC(2)
ap bank fes'07が、会期3日のうち2日が中止になったことに触れて、
「中川さんの日頃の行いが悪いから」と桜井さんが口を滑らせて
中川さんに睨まれてましたw なんだそのプチコントはw
その後、桜井さんから「あ、星が見える」という言葉に空を見上げるが、
どこを探しても見つからず。
「あ、こっち(ステージ向かって左側)の人は見えないかもー」
見えないのかよっ! という心の中のツッコミは、
俺らのいた左側から一斉にあったに違いないw

もっと
この曲、アルバムから聴いていたときは
それほど琴線に触れることはなかったんだけど、
パネルに流れるムービー見つつ聴いてたら、良い曲に思えてきた。なんか感動。
今回のツアーのムービーもメッセージ性の強いもので、
でも言いたいことは前回「I LOVE U」のときとそう変わってないかも。

ムービーといえば。
あのロボットたちがトンテンカンと作っていた丸い物体は何だったんだろう。
最後の最後で明かされるのかと思ったら、結局それもなかったし。

フェイク ? Any
この2曲は構成の勝利じゃないかと。よくぞやってくれたと思う。
「フェイク」では「全てがフェイク」と言っておきながら、
「Any」では「その全て真実」と言っている、この対比。もう絶妙。

ポケット カスタネット ? Worlds end ? 終わりなき旅
ライブの終章的存在のこの流れ。
「CROSS ROAD」?「HERO」あたりが身近な”HOME”の理想像、
「Dance Dance Dance」?「フェイク」あたりが裏の現実、
「Any」?「Sign」で表の現実を見せて、
「ポケット カスタネット」?「終わりなき旅」で未来への決意、みたいな。

「ポケット カスタネット」はHOMEの中で一番好きな曲で、
そこにI LOVE Uで一番好きな「Worlds end」を繋いできたから、
たいへんなことになりました。俺の中限定で。
さらに「終わりなき旅」の被せ技。
しかも、「Worlds end」のムービーがこれまた良くて、
なんか感動し過ぎてよくわかんなくなってました。

もうね、鳥が健気でかわいい。

ちなみに、俺にとって「Worlds end」は条件反射的に涙腺の緩む曲。
原因は自分でもよくわからないけれど、どっか琴線に触れるんだろうなぁ。

旅立ちの唄
未発表曲。
席がスピーカーのド真ん前で、ハウリングとか音割れがひどかったから、
歌詞はよく聞き取れなかったけれど、バラードっぽいです。
「しるし」と曲調が似てる気がしました。
ちゃんとじっくりしっかり聴きたいです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック