[音楽] こころむすび

2007/12/28(金) 23:03:34 | カテゴリ:音楽
アニメ「ひぐらしのなく頃に 解」のイメージソング集「こころむすび」。
初回限定版で購入しました。

「ひぐらしのなく頃に」はいまだに未プレイ・未見なんだけど、
前作「かけらむすび」が思いのほか良かったことと、
大嶋啓之さんが前作に引き続き参加されているので、迷わずゲット。

本作「こころむすび」の方が、前作「かけらむすび」よりも
本編知ってる人向けという印象を受けました。
歌詞の端々から「本編知っていたらもっと楽しめるのに」という訴えが
聞こえてくるかのようでした。
そういう意味では、ちょっと敷居が高いような気もする。

ただ、「こころむすび」を聴いて
ひぐらし本編のゲームをちゃんとプレイしようという気にさせられました。
PS2でも出てるんだし、今こそプレイするべきときか。


「かけらむすび」が日常→非日常の流れを作った楽曲編成だったことに比べ、
「こころむすび」は多少雑多な感じもしました。
その分、明るい曲や躍動感のある曲もあり、
メリハリが付いていて飽きにくいかもしれない。
鬱曲も今回は少ない。
「かけらむすび」では後半ほぼ全部鬱曲だったけれど、
「こころむすび」ではっきりと鬱曲だとわかるのは、多分2曲ぐらい。


以下、気になった楽曲ごとに。

[紡ぎばなし]
本作唯一のインスト曲。担当はonokenさん。
ピアノとStringsによる神秘的な綺麗目ソング。
ベタといえばベタな感じもするけれど、個人的には結構好きなタイプの曲です。

[月下の決闘者]
初男声ボーカル。意外と違和感ないな。
タイトルから察するに、レナと圭一の決闘シーンかな。
本編知らなくてもMADで度々目にしていたシーンなので、映像はイメージできました。

[common wish]
「かけらむすび」の「you」で魅せた癒月さんとMorriganさんのタッグ再び。
前向きな救済ソング、かな。
サビの部分の癒月さんのボーカルとコーラスが見せ場かと。
「you」ほどぐわっとくるわけではないけれど、こっちはなんだかほっとさせられます。

[少女の薄明]
霜月さんのウィスパーボイス。
ウィスパーボイスというと茶太さんの十八番という勝手な思い込みのため、
最初霜月さんだと気づきませんでした。

[陽炎]
天門さん来たっ! Strings来た!!
転調するところで鳥肌が立ちました。リズムの刻み方も変わるし。これはいい転調。
結月そらさんの澄んだボーカルもいい感じでした。

[ワタシのタメのセカイのアリカタ]
「when they cry」の大嶋さん・片霧さんペア再び。
最初から展開されるノイジーなリズム隊もたまらないけれど、
2サビの後から始まる、加速度的に落ちていく転落っぷりがすごい。
引き込まれて、呼吸するのを忘れてしまうくらい。
「when they cry」での豹変っぷりもそうだったけれど、
片霧さんの狂気を孕んだ声の表現力にはぞっとさせられます。

[こころむすび]
サビがまさかの「you」アレンジ。それだけ「you」は名曲なんだという証なんだろう。
そのサビの部分が、「こころむすび」参加ボーカリストによる斉唱になってます。
これがまた強く胸を打つ。フィナーレを飾るには相応しい曲なんじゃないかと。


初回限定版には、通常の音楽CDのほかに、PV収録のDVDが付属。
DVDに収録されているPVは3曲分で、
前作「かけらむすび」の「when they cry」と「you-Visionen im Spiegel」、
本作「こころむすび」の「紡ぎばなし」。
アニメ映像を切り貼りして演出を追加した仕上がりだったので、
PVというよりはMADという感じ。
本編の内容を知らないからはっきりとは言えないけれど、
ちょっとネタバレ含んでるのかな。
きっと本編見てからPVやCDを観賞すると、また違った感想になるんだと思うです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック