[本] オリフィス

2005/04/22(金) 21:29:56 | カテゴリ:
保科昌彦「オリフィス」(角川ホラー文庫)読了。
と言っても、実際に読み終わったのは一週間前。

あらすじ:
連続妊婦ひったくり事件によって、ある夫婦の胎児が亡くなった。事件の担当捜査員である北岡は、その事件の主犯である茂木を追い詰めるも、逃走の途中で交通事故にあわせてしまう。
茂木の事故と同じ頃、北岡の母親が癌で他界。母親よりも事件を優先し、あげく茂木を捕らえ損ねた北岡は、泥酔した末に、無数の砂時計を保管する酒場にたどり着く。


前作「相続人」のあまりの読みやすさに感動し、
気が付いたら本作にまで手を伸ばしていた。
大きなスケールにもできそうなモチーフだが、
この作品で描かれてるものは、割とこじんまりした感じ。
それだけに、身近なものとして感じられるかも。
最後の「そーきたかぁ」な展開には、ちょっとやられた。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック