[GMCD] drammatica - the Very Best of Yoko Shimomura -

下村陽子さんのベストアルバム「drammatica」購入。
ベスト盤ということになっているけれど、実態はオーケストラアレンジアルバム。
下村さんが担当したスクエニの作品のうち

  FRONT MISSION
  LIVE A LIVE
  聖剣伝説Legend of MANA
  聖剣伝説HEROS of MANA
  Kingdom Heartsシリーズ
  FINAL FANTASY Versus 13

から1~4曲選んでアレンジを加え、オーケストラで演奏したものを収録。
選曲は下村さんご本人がやったそうです。

最近、ゲーム系コンポーザのベストアルバムが頻繁に出るようになったので、
そのうち下村さんのも出そうだなぁ、と思っていたら、やっぱり出ました。
ただ、LAL(LIVE A LIVE)収録作品の中に含まれていることには驚きました。
曲は良いし、SFC中期のゲームとしてはいろいろすごい展開だったけれど、
FFや聖剣、KH(Kingdom Hearts)に比べると知名度は低いから、
入ってくれればいいなぁ、ぐらいの淡い期待しか持っていなかったので。

収録作品といえば、一つ気になったのは、
どうしてパラサイト・イヴが入ってないのか? というところ。
アレンジしにくそうではあるけれど、1曲ぐらい入れても良かったんじゃないの、とも思う。


収録作品のうち、サントラ持ってないのはFRONT MISSIONぐらいだけど、
ちゃんと聴き込んでるのはLAL、聖剣LOMとHOM、KHの1ぐらいなので、
3分の2は懐かしさがあるけれど、3分の1は新曲を聴いているような感覚でした。

下村さんと言えばバトル曲に定評があるので、
本作もバトル曲ばっかりになるのかな、と予想していたのだけれど、
思っていたより少ないような。
LALの「MEGALOMANIA」や聖剣LOMの「Pain the Universe」あたりは
確実かと思ってたんだけどなぁ。ちょっと意外。

まぁ、個人的には、
LALの「Forgotten Wings~忘れられた翼~」が目当てだったので、
わりと満足してます。
この曲、俺の好きな「届かぬ翼」のアレンジで、
今となっては高値で取引されている攻略本の付録CDにのみ収録された作品だったから、
以前から気になっていたけれど聴けずに悔しい想いをしていたので。

嬉しい選曲といえば、聖剣LOMの「滅びし煌きの都市」もうれしかったです。
「涙色した輝きの・・・」とどちらかが入ってくれればいいなぁ、と期待していたので。

意外だったのはLALの「鳥児在天空飛翔 魚児在河里游泳」。
そっちが来たかー、て感じでした。
いや実は好きなんですけど、この曲も。


曲が全てオケなので、爆音推奨です。
最初、スピーカーで聴いていたときは「なんだか迫力に欠けるなぁ」と感じたけれど、
ヘッドホン視聴に切り替えたら印象ががらっと変わりました。
やっぱりオケはヘッドホンだな。うん。


オススメは、正直なところ全部と言いたいところだけど、
絞り込むなら「Forgotten Wings ~忘れられた翼~」と「The Other Promise」。
どっちも盛り上がりが鳥肌級。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック