[本] 銀の檻を溶かして

2008/05/31(土) 21:40:02 | カテゴリ:
高里椎奈「銀の檻を溶かして」(講談社文庫)読了。

学校の校庭に巨大な「雪の妖精」が一夜にして出現し、それが世間の注目を一身に集めていた頃。
深山木薬店に、薬店とは異なる裏稼業――奇怪な事件専門の探偵業――に対して依頼人がやってきた。依頼人は市橋という、不動産会社の一営業。その彼の依頼は、なんと「悪魔との契約破棄」だった。


第11回メフィスト賞受賞作で、後に「薬屋探偵妖綺談」と呼ばれるシリーズの第一作。
そうか、これもメフィスト出身だったのか。
ターゲットの新規開拓を狙ったのか、単に講談社がチャレンジャーなのか。。。

文庫カバー表紙の絵から察したライトノベル的イメージとほぼ違わない内容でした。
ライトノベル的新本格っぽいミステリ、と言えばいいだろうか。
新本格と言い切れないのは、
冒頭から探偵役キャラが真相を明かすまで間に読者に提示される鍵が
なんだか少な過ぎた気がしたからと、
トリックがメインという感じではなかったから。
事件が徐々に明かされていくのではなく、最後に一気に解明されるタイプです。

本作で特徴的なのは登場キャラの作りだと思う。
帯や背表紙のあらすじで伏字が使われてるくらい、
メインの3人は容姿や性格以外も特徴的なのだが、
出てくる脇役も結構突き抜けている感じがする。
あまり普通っぽい人物がいないような。
そういった某ターゲット層を狙ったようなキャラ作りと軽快な会話が、
どことなくライトノベル的でした。

キャラクターに慣れさえすれば、事件自体は真面目な事件(特に後半)なので、
わりとすんなり読めると思う。

ライトノベルならいくつか読んだことあるけれど、
ミステリは難しそうで手を出していないが興味はある、という人にオススメかと。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック