[ゲームRev] アルトネリコ2

RPG「アルトネリコ2 ~世界に響く少女たちの創造詩~」クリア。
総プレイ時間は約55時間。
クリア時のLvは、前衛が61、後衛が75でした。


RPGの平均と言われる40時間よりちょっとかかったけれど、
親衛隊集めや調合にそれほど熱を入れなければ、あと5時間は短縮できると思う。
調合は、役に立つアイテムなんてできませんでした。
調合で作ったアイテムで使ったのは、デュアルストール用の入浴剤とおもちゃぐらい。

2の公式サイトのBGMに引かれてサントラとヒュムノスコンサートは購入し、
その関係でゲーム本体にも興味を持って購入しました。
1もサントラとヒュムノスコンサートは発売日に購入したけれど、
ゲームの評判があまり芳しくなかったので、そっちは未プレイ。
よって、いきなり2からプレイです。

ゲーム本編は結構良かったと思います。
世界観からして既に崖っぷちなので痛い話になるのは目に見えていたけれど、
話の流れが力強いので、ぐいぐい引き込まれました。
最初から最終目的が決まっているので、ストーリーが途中でブレることはほとんどなくて、
プレイする側としては物語に集中できた。
ところどころで挿入されるヒュムノスもいい感じに効果的だったし。

時々、1のネタっぽい話が出てくるので、
1プレイ済みだときっとより楽しめたんじゃないかと思うこともしばしば。
まぁ、未プレイでもあんまり問題にはならないかと思うけれど、
ジャクリの正体で驚きたいなら1を軽くおさらいしとくといいかもしれない。

本編は良かったんだけど、
本編から外れたサブシナリオ的な「コスモスフィア」がかなり美少女ゲームっぽくて、
個人的には若干引き気味でした。
Lv6以降は結構好きなんだけど、前半が、もう。
ただ、ジャクリのコスモスフィアは最初から結構おもしろかったです。
コスモスフィアといえば、そうそう、声優の無駄遣いが妙に気になりました。
遊佐さんに限らず、子安さんや緑川さんになんてこと言わすんだ、という箇所が多数。。。
まぁ、案外演ってる方はノリノリだったかもしれんけどw

システムは、戦闘システムや調合、レプレキアなど、多種多様にいろいろあって、
最初は慣れるのにたいへんだけど、慣れてしまえばなかなかおもしろかったです。
個人的にはレプレキアがかなり好きでした。
通常、1つの詩魔法でMP全部注ぎ込んでも、ダメージ5万当たればかなり大きい方なのに、
レプレキアを使うと、ゲージが150万%ぐらいまで溜まるし、ダメージも50万を軽く超える。
これがまた爽快で、大抵のボス戦はこれで一発でした。
ラスボスすらも一発でした。。。レーヴァテイル67人は集め過ぎたか。。。


EDを見る限りでは3も作る気マンマンのようなので、ちょっと期待してます。
どうも今作のあのキャラを連投させるつもりらしい?

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック