[本] ナ・バ・テア

2008/08/31(日) 19:30:11 | カテゴリ:
森博嗣「ナ・バ・テア NONE BUT AIR」(中公文庫)読了。

基地を異動して二日目。僕は「ティーチャ」のチームとともに戦地へ向かった。ティーチャはその基地でもっとも優秀なパイロットで、僕も前の基地で噂は聞いていた。
飛ぶことにしか興味が持てない。人間関係は煩わしいし、パイロットがどんな人間だろうと関係ない。飛んでいる間こそ最上の時で、戦闘機に乗ったまま落ちていけるなら本望だ――。そんな僕が、唯一興味を持った人間が「ティーチャ」だった。


「スカイ・クロラ」シリーズの第一作目・・・なのかな。
裏表紙折り返し部分の著作リストの1番上にあったから、多分。

アニメ映画公開記念に原作読んでみようかと思っていたところ、東京国際ブックフェアで文庫本を見つけて購入。
ちなみに映画は見てません。見る予定も、今のところありません。

飛行機戦闘ものを読むのは多分初めてかも。
戦闘機にはあまり、というか全く明るくないので、戦闘シーンで出てくる専門用語(らしきもの)はどれも理解できず、今どんな状態なのか情景を思い浮かべることはできなかったけれど、言葉のテンポの良さで読み流せた感じがします。
戦闘後に何機落としたっていう戦闘結果が地の文に出てきて、初めてそうだったのかと知るんだけど、それでも十分楽しめました。
主人公の戦闘機操縦の腕はかなり上、ってことだけ知っていれば、戦闘機について何も知らなくても多分大丈夫かと。

森氏の意図なのかどうかわからないけれど、どこの誰と戦争してるのかとか、戦争や戦闘の理由とか、そういったバックグランドは一切語られていません。
戦争ものって、誰とどんな理由で戦争してて、現在どんな戦況でっていうのが語られるものだし、そういう戦地にいることで戦争とは、平和とは、っていう問題提起があるもんだけど、この作品はそういったものがない。
清々しいくらいないです。
とにかくひたすら戦闘機乗りの話。
これで読ませる作品になってるんだから、話術の妙というか。

次作は、どうしようかな。読む本なかったら読むかも。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック