[GMEV] 逆転裁判 特別法廷2008秋 オーケストラコンサート

逆転裁判のオーケストラコンサート(昼の部)に行ってきました。
春公演に続き2回目です。

今回も制作発表会後のオケ開催でした。
13:00から制作発表会が約20分。その後15分の休憩を挟んで公演スタート。
このへんの流れはあまり前回と変わってないな。
ちなみに、公演時間は約2時間(途中休憩込み)でした。

制作発表された「NEW逆転裁判NOTゲーム」の正体は、舞台化でした。
2月5日から、宝塚歌劇で。
あーうん、そう、まぁ・・・・・・・・・・・・いいんじゃない?

個人的には、ド直球だけどアニメ化が良かったなぁ。。。なんて。


今回のコンサートは、ほぼ春公演を踏襲してました。準備期間が短かったんだろうか。
演奏の合間に入るアニメーションは全部前回の使いまわしだと思う。ちょっと残念。
ただ、会場案内のナレーションは新規収録っぽいです。
春公演を知ってると分かるネタとか、結構あったな。

セットリストは、春公演分+新曲2曲の計14曲。
-----
1. 王泥喜 法介 ?新章開廷!
2. 逆転裁判1~3 法廷組曲
3. 芝九蔵 虎ノ助 ~スウィンギン・ゼニトラ
4. ゴドー ~珈琲は闇色の薫り
5. 大いなる復活 ~御剣 怜侍
(休憩)
6. 逆転裁判4 法廷組曲
7. 悪漢組曲
8. 恋するギターのセレナード
9. 捜査官組曲
10. 綾里 真宵 ~逆転姉妹のテーマ
11. 逆転裁判3・終幕
[アンコール1]
12. 大江戸戦士トノサマン
13. 成歩堂 龍一 ~異議あり!
[アンコール2]
14. タイホくん ~守ってあげたい
-----
「捜査官組曲」は、「糸鋸圭介~イトノコ刑事ッス」、「宝月 茜~カガクの刑事」、「罪門恭介~荒野のならず刑事」の3曲によるメドレー。
公式サイトでアンケートをとったところ、人気の高かった3曲をまとめてしまったとのこと。
茜の曲は結構原曲破壊されてたような。イトノコと罪門のはなんとなく原曲の名残が残っていたけど、茜の曲はしばらく原曲が思い出せなかった。

「タイホくん」はシークレット扱いらしく、曲目リストにも載ってませんでした。
完全な不意打ちだったけど、いいアレンジだったなぁ、タイホくん。マーチ調で、主題を延々繰り返してるだけなのに最後まで飽きなかった。

春公演で岩垂さんや巧さんが指揮をされた「逆転姉妹のテーマ」や「大江戸戦士トノサマン」は、今回栗田さんが担当。
素人と比べる時点で間違ってる気がするけれど、やっぱ本業の人が棒を振ると迫力が断然違う。
「トノサマン」は今回リアレンジされてたような。前回、転調なんてなかったと思うけど。
CD聴き直すか。

そういえば、今回の公演、一度も巧さんの姿が出てこなかったな。
というか、今回の公演、前回に比べると手堅くまとまっていたというか、遊びが少なかったというか。
TGS直前でそこまで準備に手が回らなかったという気もしてる。

次回公演がもしあるなら、セットリストの一部やアニメーションを一新してほしい。
さすがに三度の使い回しは勘弁したい。
きっとカプコンだったらやってくれるに違いない。
そして、次こそ5の情報を(ぁ


開催記念品のCDは、前回の開催記念品CD収録の2曲+「成歩堂 龍一~異議あり!」と「タイホくん~守ってあげたい」のカナデオンverの全4曲。
原曲は勇ましい成歩堂のテーマも、カナデオンの手にかかれば途端にヒーリングに早変わり。
寝不足の身にこの曲を聴くと、5分も経たずに夢の世界へ行けそう。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック