[GMCD] トラスティベル~ショパンの夢~ オリジナル スコア

Xbox360/PS3のRPG「トラスティベル~ショパンの夢~」のサントラを、PS3版ゲームクリア記念に衝動買い。
ちなみに、今のところサントラはXbox360版しかないようです。
Xbox360からPS3へのリメイクにあたって新規に録り下ろした曲があるというので、ぜひPS3版も欲しいところ。出してくれないかなぁ。

コンポーザは、「テイルズ オブ」シリーズや「スターオーシャン」、「バテン・カイトス」で有名な桜庭統さん。
桜庭さんというと、ロック調で激しい曲が一般的に高評価を得ている印象がありました。
が、今作ではゲームの雰囲気に配慮して、あえてエレギやドラムなどを排除し、クラシック系楽器縛りで楽曲を作成されたそうです。
おかげでピアノ+弦楽器+管楽器+パーカスの乱舞。
クラシック縛りがあるからしっとり静かな曲ばかりになるのかと思いきや、壮大かつ迫力のある曲ばかり。
ものすごく良曲が揃ってます。神曲オンパレード。ヘッドホンで爆音視聴推奨です。

ゲームの前半では結構脇役っぽかったBGMが、後半になるにつれて神がかってきて、ラストダンジョン?EDはもう鳥肌モノでした。
特に戦闘曲がどれも良い。
個人的にロック調の激し過ぎる曲が苦手なため、ゲームのサントラ聴いてても戦闘曲に魅かれることは少ないんだけど、今作に限っては通常戦闘曲からラスボス戦までどれもハマりました。

あと、特徴的なのは1ループの長さ。
これまでのゲームでは通常およそ1分程度のところ、この作品ではどの曲も普通に2~3分あります。
通常戦闘曲でさえ、1ループ3分ぐらい。いつまで経っても終わらない。
だからこそ聴かせる曲になっているような気もします。

ブーニン氏が演奏されているショパンのピアノ曲も収録されています。全部で7曲。
ブーニン氏のお名前は「どっかで聞いたことあるなぁ」程度だった上に、ピアノソロ曲というとどうしても眠くなってしまうという、「お前、ショパンの曲聴く資格ねーよ」な俺ですら、相当魅了されました。
一番好きなのは「革命」。あの激しさの中にあるどこか物悲しい感じが俺好み。
「華麗なる大円舞曲」は、ゲーム中で解説を読んでから聴くと、すごく複雑な気持ちになりますな。

クラシック音楽系のゲームサントラが好きな人には、押し付けてでも聴かせたい作品です。
ぶっちゃけ、どの曲もオススメなんですが、個人的に特にハマった曲は「心の輝石」、「Leap the precipice」、「Scrap and build ourselves -革命より-」、「鏡天花」。
映像・音声込みなら「灯」も相当好きです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック