[雑記] 2008年もろもろ振り返ってみる

2008/12/31(水) 12:48:03 | カテゴリ:雑記
終わり良ければ全て良し
てわけでもないけど、毎年恒例の振り返りです。

■ゲームこの1年
去年発売のゲームを数ヶ月遅れの今年プレイすることも多かったので、今年発売のゲームではなく今年プレイしたゲームから雑感チョイス。

今年はがっつりハマったゲームの遭遇率が高かった気がします。
その中でも一番ハマったのは「ペルソナ4」
今年どころか、ここ数年においてもかなりの良作だと思います。
誰にでも無条件で薦められる作品かと。実際に布教活動もしてましたw

ADV好きなら「雨格子の館」が非常にオススメ。
コマンド総当りでどうにかなっちゃうものではないので、ちゃんと自分で推理しないと事件が解決しないところがポイント。
登場人物やシナリオの作りも良かったです。あと、基本シリアスなんだけど遊びを忘れないところも好感が持てました。

今年プレイしたゲームの中で筆頭はこの2作かなぁ、と12月半ばまではそう思ってました。
そしたら、最後の最後でダークホース参上。PS3本体ごと購入した「トラスティベル」に、今現在ハマってます。
BGMと戦闘システムがかなり秀逸です。
シナリオに少し粗が見えるのは残念なところだけど、それも時間をかけて咀嚼できれば話の深みを実感できるような。
ちなみに、Xbox360版は演出がちょっと電波過ぎるので、あまりオススメできません。。。

■GMこの1年
今年発売のGMCDではなく、今年聴いたGMCDからチョイス。

今年のGMは「ペルソナ4」一択かなぁと思っていたら、こっちもまた12月にダークホース「トラスティベル」参上。
「ペルソナ4」は、前作3から引き継がれた評判に違うことなく良曲ばかり。
ゲーム本編との相乗効果もあって、随分長期間聴き続けていたような。たぶん4ヶ月ぐらい。
「トラスティベル」は、曲に関して評価が高いことは時々耳にしていたけれど、ゲームをプレイしてようやくそれを実感しました。
そしてOST即購入。
ものすごい勢いで神曲揃い。「なんだこれはっ!?」て本気で思いました。ほんと、もっと前に買っておけば良かったなぁ。

OSTからは少し外れるけれど、下村陽子さんのオーケストラアレンジ集「drammatica」も良かった。
アレンジは素晴らしいし、選曲は絶妙だし、下村さんファンにはたまりません。
最近のゲームだけではなく、LIVE A LIVEなどSFC時代の曲もチョイスされているところがポイント高かったです。

■音楽この1年
邦楽曲はほとんど聴かない人間なので、どうしてもマニアックな方向へ走ってしまうけれど。

今年一番の収穫というか発見というか驚きは「UltraViolet」
COSMO NOVAさんのmuzieで発表されていた楽曲が完全版になってCDに収録されていたとは。
「ATOMOSPHERE」の完全版が聴けたのが、一番嬉しかった。

あとは、志方あきこさんの「うみねこのなく頃に」
相変わらずの重厚な曲。エスノ調好きにはたまりません。

■読書この1年
「空の境界」完読したのも今年だったんだなぁ。随分昔のことのように感じる。
今年の一押しは「夜市」かな。ホラーというよりは幻想小説っぽくて、山あり谷ありな展開があるわけでもないのに妙に引き込まれた作品でした。
次点で「それでも、警官は微笑う」。小ネタがミステリ好きにはたまらないw

■その他この1年
ひたすらゲーム三昧な1年だったせいか、他のことをロクに覚えていないという俺クォリティの記憶力発動(ぁ
一番デカいのは、裏でこっそりとファンサイト立ち上げたことかなぁ。期間限定だけど。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック