[IT] オープンソースカンファレンス2009 Tokyo/Spring

2009/02/20(金) 19:53:57 | カテゴリ:IT
つい最近異動してしまった同僚のススもあって、午後からオープンソースカンファレンス(1日目)に行ってきました。
セミナーは二つほど受講。14:00?のHP社のNagiosを使った監視システムと、16:15?のエディタ論争。
Nagiosは仕事絡みで、エディタ論争は完全に個人的な興味というか趣味で。
もちろん、本命はエディタ論争ですが何かw

Nagiosの方は、ちょっとイマイチだった。もう少し具体例や導入例が欲しかったなぁ。

エディタの方は、パネラーが5人の予定だったのにviやEmacsなどエディタ系の方が急遽来られなくなって、EclipseとNetBeansのJava系IDEの一騎打ち・・・・・・というほど、火花散らしてたわけでもなく。
NetBeans代表の方がEclipseに敵意剥き出しだったのに、Eclipse代表の方はNetBeansと友好関係を築こうとしているっていう、なんだか現実の人間関係にありがちな構図に。
当初5人でドンパチやる予定が2人に減ってしまったので、当然、時間が半分ほど余ってしまったわけだけど、その後ひょんな流れでパネラー vs 参加者という状態に。
それはそれで、十分におもしろかった。参加者の意見もいろいろ参考になる部分があったし。
個人的にはエディタ系の話を聞きたかったんだけど、まぁおもしろかったからいっか。
次回もこういう企画があったら、ぜひ参加してみたいな。
今度こそエディタ系も参加して、思いっきり宗教論争を繰り広げてほしい。
あと、NetBeansは、後日インストールして試してみよう。
# Eclipseは2年前に試してみたものの、あまりにメモリスワップがひどくて使い物にならなかった経緯あり。

展示も一通り見て回った。
CodeGear、pgpool-II、PostgreSQL、ZABBIX、もじら組の中の人にいろいろ優しく教えてもらった。
俺なんてヘタレプログラマ兼SE兼サーバ保守・管理・運用担当者なのに、みんな、なんて温かいんだ。しかも、話が結構おもしろい。これは病み付きになりそう。
特にもじら組の方々。前の人の話が終わるの待ってる間、いろいろ話聞かせてもらったり、バッチやマグネットいくつももらっちゃったり。ほんとにお世話になりました。

アンケート回答者限定くじ引きで、W3Cのマグカップが当たりました。うわぃ。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック