[音楽] 志方あきこ / Harmonia

2009/03/29(日) 02:05:20 | カテゴリ:音楽
志方あきこさんの最新アルバム「Harmonia」を購入。
前作「RAKA」から2年以上経過し、ようやく待望の新アルバムが発売されました。
「アルトネリコ2」や「うみねこのなく頃に」などで活躍されていたとはいえ、なんだかすごく待った気がします。

全17曲収録。そのうち、インターミッション的な短い曲が4曲。
収録曲の中には、「うみねこのなく頃に」や「謳う丘」(アルトネリコ2Ver)のアレンジも含まれています。
「謳う丘」アレンジは、もはや定番なんでしょうか。
むっちゃ好みだから文句はありませんが。

全体的な曲の雰囲気は、前作「RAKA」とそれほど大きな違いはないかと。
ただ、曲によっては意外なほどポップな曲もあるので、全曲総エスノだった前作よりはほんのりポップかもしれません。

以下、曲ごとに雑感。

3. 軌跡
これまでの多重エスノ色が色濃く表現されている曲だと思う。
志方さんといえばこーゆーのだよなぁ、ていう曲調です。
勇ましく力強い曲。聴いてると励まされている気分になります。

4. 風と羅針盤
ポップで明るくテンポの速い曲。ノリやすい曲じゃないかと。
タイトルどおり、疾走感を感じられます。

6. 埋火
電子音やエレキ音の響く曲。エスノというよりはロック?
意外な曲調ですが、すごくかっこいいです。
このアルバムの中では一番好きな曲かも。

7. レプリカーレ
妖しい雰囲気漂う序盤からじわじわと盛り上がっていって、サビで爆発するタイプの曲。
多重録音が凄まじいです。サビが結構好き。

8. うみねこのなく頃に?煉獄?
出だしはミニアルバムと同じなんだけど、2分あたりからかなりアレンジが入ってます。
なんというか、カオスにアレンジされてるような。狂気を感じるというか。
「うみねこのなく頃に」って、こういう作品なんでしょうか?

11. アオイロ缶詰
びっくりするほど明るく透き通ったポップな曲。
志方さんといえば多重エスノ、ぐらいの先入観があったので、この曲調は意外でした。
こういう曲もできるのか、へぇー。

14. 謳う丘?Salavec rhaplanca.?
PS2のRPG「アルトネリコ2」の「謳う丘」のアレンジ。
ところどころで、1の「謳う丘」のフレーズも入ってます。

前作「RAKA」収録の「EXEC_HARVESTASYA/.」と同様、曲の展開が物語風。
少年と少女の物語ってところも同様、若干鬱な物語になっているところも同様です。
ただ、歌詞が日本語じゃない部分もあるので、物語を理解するには一度歌詞に目を通してないとわからないかと。

この曲で語られるラプランカって、たぶんアルトネリコ2のヒュムノス中で描かれるラプランカとは別人のような。こっちのラプランカは、普通に悲劇的な一人の少女って感じだし。

16. 調和?Hrmonia?
17. Hrmonia?見果てぬ地へ?
2つで1つの曲。曲自体は繋がっています。
「調和」がフィナーレなら、「Harmonia」はエピローグかな。何かが終わって、何かが始まる、みたいな。
「Harmonia」が最後の曲だけど、この先も何かが続いていくような、そんな感じに仕上がってます。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック