[ゲームRev] パタポン2

PSPのリズムアクションゲーム「パタポン2」をクリア。
難易度はイージー。
総プレイ時間は43時間。

パタポン1も一応友人から借りてやったことがあります。途中まで。
いくらパタポンやっても、貸し主からアドバイスを受けても、どうやってもパタポリスの豆を目覚めさせるアイテムが手に入らず、途中で挫折しました。
あれから約○ヶ月経過し、ついにパタポン続編発売。
1での屈辱を2でリベンジ! という意気込みには、正直なれませんでした。
いやだって、単純そうに見えて何気に難しいですよこのゲーム。人畜無害そうな顔して全力でボディブローしてくるようなゲームですよ。

それでも2をプレイする気になったのは、上記とは別の友人から誕生日プレゼントとしてもらったため。
その数ヶ月前にその友人に、P4を布教活動を兼ねて買って押し付けたので、そのお返しというか仕返しというか、たんぶソレだと思うのですが。
とはいえ、もらったからにはクリアせねばなるまい!

というわけで、プレイ開始したのが昨年12月。
途中で別のゲームに浮気したりしつつ、約5ヶ月かけてようやくクリアしました。

リズムアクションとしては良作だと思います。
操作方法はボタンをリズムに合わせて押すだけの単純なものなんだけど、何気に戦略を求められたりすることもしばしば。
ぼーっとしてるとリズムが狂って、やられるハズのない敵にボッコボコにされることもしばしば。
そんなわけで、程よい緊張感も得られます。

2からはパタポン育成システムも追加され、さらにやり込み要素が増えました。
俺はやり込み要素にはハマらない性質なので、パタポンはほとんど育成しませんでしたが。
やりポン、たてポン、ゆみポンはそこそこ育てたけれど、上位種のうちよく使ってたのはきばポンのみ。とりポン、ろぼポン、まじポンにいたってはノーマルLv1を誕生させたっきり一度も使いませんでした。

基本的に、きばポン、やりポン、ゆみポンの編成でバトル。
マップの傾向によっては、きばがたてに代わることもあったけれど、バトルの7割はこの編成だったような。
終盤、パタポンたちを育てるのがメンドくさくなっちゃって、この3種しか育てなかった結果、他の種類が弱過ぎて使えなくなったというw
まぁ、一極集中で育てても、とりあえずクリアできるっぽいです。


シナリオ的には完結してるっぽい雰囲気だけど、作ろうと思えば続編が作れるような感じでした。
パタポンではなく別のキャラで似たようなゲームになる可能性も、無きにしも非ずだけど。
まぁ、このゲームシステムをSCEがみすみす手放すとは思えないなぁ。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック