[音楽] supercell feat.初音ミク / supercell

2009/04/25(土) 20:04:41 | カテゴリ:音楽
友人から「supercell」を借りたので、聴いてみました。

実は、借りて曲目リストを見るまで、「supercell・・・・・・って何?」と思ってました。
巷で大繁殖中の初音ミクをヴォーカルに据えたCDだとは知らなかったんです。
最近ニコ動開いても、特定のゲームの実況プレイ動画かMADしか見てなくて、VOCALOID周りは全然チェックしてませんでした。
ちなみに、VOCALOIDの中ではKAITO兄さんが一番好きです(訊いてない

そんな俺でも、曲目リストだけで初音ミクのCDと気付けたのは、「メルト」が入っていたから。
このCDの中で「メルト」だけは、ニコ動で全曲聴いたことがあります。
曲云々よりも、激重かったストリームの方が印象強いのですが(ぁ
他は、名前は知ってるけど曲自体は聴いたことなかったり、替え歌MADのネタにされてたから伴奏部分は知っていたりと、要するにその程度。9割は初めて聴く曲かと。

全体の曲調はロックかな。時々バラードっぽいのもあるけれど。
近年のJ-POPを想像してもらえれば、おおよそ外れていないんじゃないかと。

初音ミクの声にはまだ機械的で平板な部分が残っているので、どうしても「初音ミク=機械仕掛け歌姫」というイメージが拭えません。
が、時々どきっとするほど生身の人間ぽく聴こえるフレーズがあったりして、プログラムが人に近づく過程を見てるよう。ハモリの部分になるとハーモニーによって機械っぽさが薄められるからか、より人間の声っぽく聴こえます。
初音ミクやVOCALOIDを知らない人が聴いたら、どう感じるんだろう。少し意見を聞いてみたい気がします。

オススメは「メルト」。聴き慣れてるからってのもあるだろうけれど。
あと、なんとなく耳に残るのが「ワールドイズマイン」。歌詞がなんというか、スゴいというかヒドいというかw

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック