[GMCD] Piano Collections KINGDOM HEARTS

「Piano Collections KINGDOM HEARTS」ゲット!
スクエニのA・RPG「キングダムハーツ」シリーズの楽曲を、ピアノソロアレンジしたアルバムです。
FFでお馴染みのピアコレと趣旨は同じですね。

FFのピアコレはヒーリング色の強いアレンジで、病院の待合室でこっそりかかってそうな曲になっているのが特徴でした。
# 実際に、とある歯科医院でFF8の「Fisherman's Horizon」ピアコレ版を聴いたことがあります。
そのイメージが強くて、このKHでも同じようにアレンジされるのかな、と聴く前は思ってました。
ところが、蓋を開けてみたら、なかなか派手で重厚で情熱的なアレンジ。
もちろん、しんみり聴かせるところはしんみりと。
1曲1曲が平板じゃなく、なんというか、物語性があるというか。
もう、圧倒されました。
KHサウンド、下村サウンドが好きな方にはオススメです。

それにしても、ここまでやられてしまうと、他の下村サウンドのピアコレも聴きたくなるなぁ。
特に「LIVE A LIVE」が聴きたい。


以下、曲ごとに雑感。

1. Dearly Beloved
わりと原曲に忠実なアレンジ。このアルバムの中では、逆に珍しいかも。
終始しっとりとおとなしい雰囲気なのは、原曲のイメージそのまま。
下村さん曰く、ちょっとピアノを習った人でも弾ける曲、だそうな。
まぁ、他に曲に比べれば簡単そうに聴こえるけれど、ピアノ弾けない身ではムリっす。

3. Hand in Hand
初っ端の和音がショパンの「舟歌」のそれっぽくて、一瞬プレイリストの中身間違えたかと思ったw

5?8. -Sonata on Themes of KINGDOM HEARTS-
1st Mov: Sora - Allegro con brio
2nd Mov: Kairi - Andante sostenuto
3rd Mov: Riku - Scherzo e Intermezzo
Finale: Working Together - Allegro vivace
KHの楽曲をピアノソナタ風にした一連の曲。ゲーム音楽って、本当に色々なことができるもんだな。
単曲ずつでもちゃんと聴けるけど、続けて聴くとまた違った味わいが出てきます。
第三楽章(って言っていいのか?)がすごく俺好みでした。暗くて激しい曲は大好きだ(ぁ
あと、第一楽章に「Roxas」のフレーズがひょっこり入ってるところが、KH2をプレイ済みだとなんとも言えない気持ちになります。

10. Roxas
1曲目の「Dearly Beloved」と同じく、ちょっとピアノを学んだ人なら弾けるらしいです。
あのメロディラインを弾けるなら、今からピアノ習ってもいいなぁ、ってちょっと思った。

11. The Other Promise
原曲がすでに「Roxas」アレンジなので、メロディラインは前曲と同じです。
が、こっちはある意味、超絶技巧版。
10曲目の「Roxas」が”静”なら、「The Other Promise」は”動”かな。
2曲並べてきたのは確信犯でしょうw

「drammatica」収録の同名の曲を聴くといつも、胸の内から頭へ突き抜ける”ぞわっ”とする感覚があるのですが、ピアコレ版は心にグサグサくる感じで、問答無用で泣けてきます。
初めてCDを紐解いて聴いたのが平日の朝で、出勤直前にこの曲が流れてきて、思わず泣きかけて非常に困りました。良い意味で、「どうしてくれるんだこのやろー」という気分。
この曲が、このピアコレの中では一番好きです。

12. Concert Paraphrase on "Dearly Beloved"
超絶技巧版「Dearly Beloved」。
あの「Dearly Beloved」がこんなんなっちゃうの!? というくらい厚みのある曲になっています。
1曲目の忠実アレンジ版と聴き比べると、雰囲気も難易度も桁違いってことが良くわかります。
ピアノって、1台でオーケストラって言われるくらい多彩な表現が可能な楽器だけど、この曲を聴いてるとそれをひしひしと感じる。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック