[ドラマCD] ペルソナ4 ドラマCD Vol.1

ペルソナ4(以下P4)のドラマCDがようやく発売されたので、ゲットしました。

前作3は、フェスから始まってコミック化、アニメ化(大半がオリジナルだけど)、ドラマCD化、CR化と、かなり積極的にメディアミックスに励んでいたのに、今作P4は逆にどこか消極的。今のところコミック化されているぐらいじゃないかと。
せめてフェスが出ないかと期待しているのですが、そんな気配は微塵も感じられず、気がつけばもうすぐ発売から1年が経過しようとしてます。
そんな中でのドラマCD発売。かなり待たされた気分です。
なんでP4はそんなに冷遇されてるんだろう。サイドストーリーを作ろうにも、ネタがないんだろうか。

今回のドラマCDは、前後編の前編にあたる話のようです。
舞台は事件解決後の3月。
登場キャラは、特別捜査隊の8人と堂島親子。あとはモブ。
というわけで、足立は全く出てきませんでした。
舞台となる時期が発表されたときに出なさそうだなぁと覚悟はしてたんですが、足立好きとしてはやっぱりちょっとがっかり。

話の中心はクマでした。
クマがジュネスの家電売り場の売り上げに貢献するため奮闘し、それを仲間がいろいろ手助けする、っていう話です。
前編だからかもしれないけれど、終始まったりムード。特に事件性があるわけでもなく、ヤマもオチも特になかったような。
後編も、こんなテンポなんでしょうかね。

ゲームではペルソナの名前を呼ぶ時ぐらいしか喋らない主人公が普通に会話してるところが、日常生活では普通のことなのに、なんだかすこぶる違和感を感じました。
「あの主人公がフツーに喋ってるよΣ」みたいな。
まぁ、それでも口数が少ないけれど。花村と比べると、それはもう圧倒的にw

ゲーム本編ネタが結構多かったので、ゲームクリア済みを前提に作られているっぽいです。
なので、ゲーム未プレイだと、ちょっと面白さが減ってしまうかも。

で、後編となるVol.2はいつ発売予定なんでしょうか?

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック