[ゲームRev] 女神異聞録デビルサバイバー

NDSのS・RPG「女神異聞録デビルサバイバー」をクリアしました。
クリアしたと言っても、3つあるEDのうちの1つを見たというだけですが。
総プレイ時間は・・・・・・どれくらいだろう。タイムカウントがなかったのでちょっとわかりませんが、結構かかったハズ。40時間は軽く超えてるんじゃないかと。
クリア時のレベルは、全員70弱でした。

アトラスの「女神転生」シリーズの傍流の一つにあたる本作。
「女神異聞録」の名前を冠しているから、てっきりペルソナのようなポップなものを想像していたのですが、雰囲気はむしろ女神転生に近いです。
東京・山手線の内側が政府および自衛隊によって封鎖され、人々が閉じ込められる。そこに溢れかえる悪魔たち。タイムリミットは7日間。それまでに現状を打開しないと、その先に待っているのは死。
そんな極限状態が丁寧に描かれていたと思います。さすがアトラス。

ちなみに、俺の選択したルートは、ナオヤルート。悪魔の王を目指し、神を打倒するルートです。
ラスボス戦は結構苦戦しました。MPがほとんど尽きてしまい、最後は貫通+物理攻撃にかなり助けられた気がする。
他のルートだと、ストーリーは当然違うのだろうけれど、ラスボスも違うのでしょうか?

戦闘は、シミュレーションぽいです。
この戦闘システムについては賛否両論あるようですが、まぁ確かにプレイのテンポが崩される感じはしました。
なんというか、疾走感を削がれるというか。
でも、嫌いではなかったです。

「女神転生」の流れなので、当然、悪魔合体もあります。
仲魔にできる悪魔の数は、DSという媒体だから仕方ないのだろうけど、ちょっと少なく感じました。

DSというハードの制約のせいか、P3や4に比べるとどうしても小品という感じが拭えないけれど、これはこれでおもしろかったです。
殺伐とした雰囲気が好きな方にはオススメですw

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック