[ゲームRev] 流行り神3 警視庁怪異事件ファイル(体験版)

PlayStation Storeで配信開始された「流行り神3」の大容量体験版、早速ダウンロードしてプレイしました。
さきほど、科学ルート・オカルトルートともにSクラスでクリア。
既読率が89%ほどなので、これから発売日までの間に100%にしようと目論んでます。

1→2に比べると、2→3は結構変更点が多いです。

まずグラフィック面。
最初からPSPをターゲットに開発されたためか、デザインが一新されています。
ユーザインターフェースのデザインがこれまでとがらりと変わり、伝奇色が薄れて硬質な現代風になっています。
PSPの液晶を前提にデザインされたんでしょうか、これは。
もしくは、3のシナリオが全体的に科学寄りというか、人為的なものであることを暗に示してるんでしょうか。
以前のどことなくおどろおどろしいデザインも捨てがたいのですが、これはこれでアリだと思います。

分岐フローも、上から下へのフローではなく、左から右へ横に流れるフローに変更されています。
これは、PSPのディスプレイが16:9の横長だからなんでしょう。
これまで既読したポイントへ簡単に戻れるシステムは、非常にありがたいです。

デザインは大きく変わったけれど、セルフクエスチョンや推理ロジック、カリッジポイントなどのシステム面は従来通りなので、操作に戸惑うことはあまりなさそう。
1, 2プレイ済みなら、すぐに慣れると思います。

人物キャラや背景のイラストは、描き直してるのが多いような気がします。
編纂室の背景イラストも、1から描き直してるっぽい雰囲気。
霧崎兄さんと犬童警部が2のデザインのままだったけれど、他は新規に描き直されてるのかな。
風海の正面イラストはどうなんだろう。風海好きとしては気になるなぁ。
ちなみに、セルフクエスチョンの風海の絵は、今回のが一番好みです。

音楽も、ほぼ新規録りのようです。
1, 2で使われていた楽曲は、耳にしなかったような気がします。

で、肝心のシナリオについて。
序章からあまりに衝撃的な展開で、一発で引き込まれました。
どうしてこんなことになってるのか、この先どうなるのか、先が気になって仕方ありません。
・・・・・・やってくれたな、日本一ソフトウェア。

第零話、かなりボリュームがありました。
規模的には、2の第零話と同じくらいかな。
編纂室メンバー3人に、新キャラの羽黒薫を加えた4人で、時折ドタバタしながらも不可解な事件に挑む展開は従来通り。
少しオカルト染みているけれど、一部は現実にありそうな事件展開という匙加減はさすがです。かなり堪能しました。
これは製品版に期待せざるを得ない。

とまぁ、体験版でかなーり楽しませてもらったのですが、引っかかった点が全くなかったわけではありません。
一番気になったのは、誤字脱字の多さ。
2のPS2版をプレイしていたときも思いましたけど、ちょっと多いような印象を受けました。
誤字脱字は、ノベル系ゲームの宿命なんでしょうか。
製品版では減っていると思いたい。。。

あと、固有名詞の取り違いっぽい箇所がいくつか。
第零話はいつになく登場人物が多いからなんでしょうが、「あれ?」ていうところが2, 3回ありました。

体験版ということなので序章と第零話しかプレイできませんが、それでも3のプレイ感覚は十分掴めるんじゃないかと思います。
体験版のセーブデータは製品版に引き継ぐことができるというので、今のうちにプレイしておくのもいいかと。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック