[本] 日本ホラー小説大賞

2005/04/23(土) 20:51:16 | カテゴリ:
日本ホラー小説大賞に恒川光太郎さんの「夜市」
大賞受賞作の内容についての説明が何もないな。。。

日本ホラー小説大賞には、第2回の頃から目をつけている。
かなり良作が多かったからだ。
第2回大賞の瀬名秀明さんの「パラサイト・イヴ」、
第4回大賞の貴志祐介さんの「黒い家」をはじめ、
長編賞、短編賞含めておもしろい作品が揃っていた。
受賞作品は、民俗系でなければとりあえず読んでいるはず。
(古代からの祟りだの、先祖の呪いだのといった
スーパーナチュラルな民俗系ホラーはどうにも性に合わないらしい。
そんな理由で「ぼっけぇ、きょうてえ」は読んでない)

というわけで。
今回の受賞作も、民俗系じゃなければ読むと思う。

ちなみに。
貴志祐介さんの作品の中では、
「クリムゾンの迷宮」が秀逸だと、今でも思うのですが。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック