[GMEV] 交響曲FFT

mixiから生まれたFFT専門のアマチュア管弦楽団「星の調べ」の第2回演奏会「交響曲FFT」へ行ってきました。
会場は立川市にあるアミューたちかわの大ホール。

公演の1, 2週間ほど前に某ゲーム系ニュースサイトで告知が流れていたので、「これはかなり混むんじゃないか?」と予想。開場14:30で開演15:00というタイムスケジュールだったのですが、それよりも早めの13:10頃に現地到着しました。
この時点で、すでに50人ほどの行列。その最後尾に並んだものの、あっという間にその後ろにも列が伸びてました。
最終的には、アミューたちかわの大ホール全席が埋まっていた模様。もしかすると立ち見も出ていたかもしれません。会場内で後ろの方を振り返っていないからわからないんだけど。
あの大ホール、1階席だけでも千人弱収容できるので、それが全部埋まるというのはアマチュアの楽団としてはすごいことだと思います。
発売から12年も経過しているのに衰えないFFTの人気の根強さを、改めて思い知らされました。

FFT専門の管弦楽団ということで、曲はFFTのみ。
サントラに収録されている曲の9割ほどが、今回演奏されました。全部で60曲ほどかと。
8割は原曲忠実。残り2割は大きくアレンジされた編曲ですが、必要最小限の正統アレンジなのでほとんど違和感はありませんでした。
FFTの曲はそもそもオケ調なので、オーケストラとの相性は抜群に良いです。
GMのオケアレンジ・演奏というと、「あぁ、こういうアレンジになったんだ・・・」というちょっとした違和感を感じたり、原曲の欠片探しみたいなことをしてしまうのですが、今回は元からこういう曲だったんだとすんなり納得できてしまうくらい、違和感も何もなくすっと聴けました。
ここまでオケにすんなりハマるGMも珍しい。GMの中でも5本の指に入るくらい、オケとの親和性が高いのではないかと。

元々原曲がオケ調とはいえ、そこまで再現するか!? ということろまで再現されていたところには、演奏者側の熱意とこだわりを感じました。
「Unavoidable Battle」のあの特徴的な旋律を再現されていたのには驚きました。

原曲忠実なものが多かったのですが、生はやっぱり良いですね。
原曲の壮大さ、壮麗さ、寂寥感が、より一層際立っていたと思います。
最初の「Bland Logo」が生で演奏されたときは、感極まって胸が詰まりました。
「Decisive Battle」や「Antipyretic」などの緊迫感と盛り上がりは、本当に素晴らしかったです。
ひたすらオケ特有の音の洪水に飲まれっぱなしで、あっという間の3時間でした。
本当に楽しかったです。FFTの曲好きにはたまりませんでした。

そして、本編が終了し、アンコールの前にゲスト紹介。
なんと、FFTのコンポーザである崎元仁氏と岩田匡治氏が登壇。
まさかアマチュア交響楽団の演奏会に、本家本元のコンポーザが現れるとは思っていなかったので、これは良いサプライズでした。
お2人の話がおもしろくて、ひとしきり笑わせていただきました。
岩田さんが「12年も前のゲームなのに会場が全部埋まるなんて、おかしい!」と、しきりに「おかしい」を繰り返していたのが印象的でした。
まぁ・・・・・・確かにww

次回、第3回公演は関西での開催を予定しているとか。
機会があればぜひ行きたいところなんだけれど、関西はちょっと厳しいかも。時間的にも経済的にも。


続きは、今回の公演のセットリストになります。
-----
【序章】
01. 序章
「Bland Logo?Title Back」~「Backborn Story」~「P.R. Movie」

【第1楽章】
02. Opening
「Prologue Movie」

03. 現在
「礼拝堂」~「敵兵襲撃」

04. 過去
「士官候補生」~「Back Fire」~「アルガスとの出会い」~「アルマのテーマ」

05. 大切なもの
「聖騎士ザルバッグのテーマ」~「出撃前緊張」~「Decisive Battle」~「ダイスダーグのテーマ」~「思い出」

06. 結果
「ディリータのテーマ」~「Trisection」~「そして僕は逃げ出した」

<休憩>
「チュートリアル」木管アンサンブル

【第2楽章】
07. 雌伏 -今日はレベル上げ-
「データ画面」~「ワールドマップ」~「アタックチーム」~「Random Waltz」~「ゲームオーバー」~「編成画面」~「Apoplexy」~「戦闘終了」

08. 雄飛 -たまにはストーリー-
「Unavoidable Battle」~「Run Past Through The Plain」

09. 無知
「オヴェリアのテーマ」~「ディリータのテーマ」~「Antipyretic」~「Shock!! ~絶望」

10. 真実
「降臨」~「The Pervert」~「聖アジョラのテーマ」

<休憩>
「Under the Stars」弦楽五重奏

【第3楽章】
11. TRIPLE
「A Chapel」~「Desert Land」~「Antidote」

12. 貿易都市
「ショップ」~「毛皮骨肉商」~「酒場」~「戦士斡旋所」

13. 妹の涙
「恐怖1」~「橋上の戦い」~「レクイエム」

<休憩>
「雷神シド」金管五重奏

【第4楽章】
14. RAMZA
「主人公のテーマ」~「Remnants」

15. 聖都ミュロンド
「なぞなぞあじょら」~「恐怖2」~「Bloody Excrement」~「悲痛な心の叫び!」~「聖アジョラのテーマ豪華版」

16. 死都ミュロンド
「Ultema The Nice Body」~「Ultema The Perfect Body !」~「ラスト戦闘終了」

17. Ending
「Epilogue Movie」~「Staff Credit」

Ex. アンコール
「ユニット紹介」
-----

「プレイヤーメイク」や「Night Attack」などサントラにあって今回演奏されなかった曲も数曲ありますが、第3回公演以降で演奏予定だそうです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック