[映画] テイルズ オブ ヴェスペリア ?The First Strike?

2009/12/06(日) 09:43:44 | カテゴリ:映画
ゲーム「テイルズ オブ ヴェスペリア」(PS3版)クリア記念に、劇場版を見に行ってきました。
映画館は、角川シネマ新宿。都内で公開されている映画館が、もはやここしかなかったので。
といっても、ここも来週12/11には終了するそうですが。
まぁ、公開から2ヶ月経ってますし。まだ公開終わってなかったことの方が驚きです。

舞台は、ユーリとフレンが騎士団入団して間もない頃。
配属先の街の周辺でエアルが急激に増加し、動植物に異常が表れ、街を守るためにそれに対処する騎士団(ナイレン隊)の話です。
感想を一言で表すなら「あー、なるほどね」という感じ。
ユーリの立ち位置がゲーム本編同様に重くて、そういう星の元に生まれてしまったんだろうけれど、少々切なかったです。

公開開始当初から言われていたことだけど、確かにゲーム本編との矛盾はあります。
が、まぁ、いいんじゃないでしょうか。これはこれ、あれはあれってことで。
気になる人は気になるかもしれませんが、俺は特に気になりませんでした。

ゲーム本編との繋がりは、それほど強くありません。
ゲーム未プレイでもたぶん問題なく見られそう。
ゲームクリアしてると、解釈に若干違いがありそうだなぁ、というのが何箇所かあるくらい。アレとかソレとか。
小ネタはそんなになかったような気がします。

物語のメインが、ユーリとフレンの友情――というよりは各々の考え方の相違による衝突がメインだったので、ひたすらユーリとフレンが登場します。
それと、ラピード(子犬)。
ユーリとフレンの衝突シーンの緩衝材的存在だったけれど、それにしたって子犬ラピードの可愛さは異常です。なんだあれ、可愛いにも程度ってものが(ry
ところで、ゲーム本編には、ラピードが瀕死の重症を負ってユーリとフレンが寝ずの看病をするっていうエピソードがあり、てっきりそれが劇場版で描かれると思っていたのですが、結局なかったですよね。それはそれで別の話なんでしょうか?

ゲームのメインキャラでは、他にエステル、リタ、レイヴンが登場するけれど、3人ともかなりちょい役でした。
まぁ、ゲーム本編での設定上、エステルは城から出られないし、リタやおっさんをユーリやフレンの前に登場させるわけにはいかなかったから、仕方ないのでしょうが。
本音を言えば、もっと動いて喋るおっさんが見たかったです。
脇役にしては登場頻度多い方だとは思うけれど、半ばおっさん目当てで見に行ったようなものなので。不純な動機で申し訳ないw

映画にもちらっと出ているらしいカロル(参考:Wikipedia)は、どこで出ていたのかわかりませんでした。
ちょっと悔しい。。。

劇場版オリジナルキャラとしては、やはりナイレン隊長が良かったです。
渋くて陽気なおっちゃんという感じで、本当にいい上司。
劇場版のみというのが惜しいおっちゃんでした。

それにしても、騎士団って一体いくつの隊でできてるんでしょうか。
ゲーム本編には、親衛隊・シュヴァーン隊・キュモール隊・フレンの所属していた隊の4隊(後に5隊)しか出てこないし。
きっと、もっとたくさんあるんでしょう。じゃないと、世界全土を網羅的に守護・監視できないでしょうから。
そんなゲームに登場しない数多の隊の一つが、ナイレン隊だったということかな。
・・・・・・そう考えると、隊長主席のシュヴァーンって本当にすごい人物なんだ(ぼそ

いずれDVDかBDが発売されるでしょうから、TOVが好きなら一度見ておくといいかもしれません。
ユーリとフレンのコンビが好きなら、オススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック