[映画] テイルズ オブ ヴェスペリア ~The First Strike~ Blu-ray版

2010/05/28(金) 00:54:03 | カテゴリ:映画
Xbox360/PS3のRPG「テイルズ オブ ヴェスペリア」の劇場版がメディアで発売されました。
Blu-ray/DVD/UMD同時発売だったので、Blu-ray版を購入。

劇場版自体の感想は、以前映画館で観賞したときの感想を参照ってことで、ここではBlu-ray版の特典について。

本編は劇場版とPSSで先行配信されたものと2回以上見ていたので、真っ先にオーディオコメンタリーモードで観賞しました。
コメンターは、ユーリ役の鳥海さんとフレン役の宮野さん、それとNBGIの樋口P。
前半は、ほんとにほぼ雑談でした。始まりからして雑談テイスト。
オーディオコメンタリーって、こんなもんだったっけ?
と思っていたら、一瞬の休憩後の後半は劇場版本編に触れたコメントが多くなりました。
本当に休憩時間中に注意されたのかな?w

ヒートアップすると、魔神剣や蒼破斬(放送禁止コードの「ピー」の代わり)が増えていくのが、妙に気になりました。
隠された台詞は、一体なんだったんだろう。気になる。

樋口Pが参加されていたためか、劇場版の話だけでなくゲームの話も多かったです。
あと、ウェブラジオやドラマCDなどにまで飛び火することも。
マグロネタ話がちょこっと出てきます。
それだけかと思いきや、つい先月末に上巻が発売されたおっさん小説(「虚空の仮面」)についても言及されていたのには、さすがに驚きました。
当然といえば当然なのですが、樋口Pもおっさん小説に目を通しているみたいですね。
樋口Pの口ぶりからすると、あの小説、ほぼ公認設定の様子。

あまりないとは思いますが、オーディオコメンタリーで劇場版の先行ネタバレが盛大に繰り広げられているので、必ず一度は劇場版本編を見ておいた方が無難です。

映像特典として収録された、劇場版とゲーム本編の間を描いたピクチャーサウンド。
特筆する点はあまりなかったような気がします。
「あー、うん、まぁ、そんな感じよね」という印象。
騎士団の某閣下と某隊長主席とか、某ギルドのルー口調の某ボスと某あの子たちの出会いとか、もう少し突っ込んだものが描かれるかと思っていたけれど。
さすがに、本編のネタバレに触れるようなものはなかったです。

劇場版で第2弾ってことはおそらくないでしょうが、もっとアニメで動くユーリたちが見たいです。とくにおっさん。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック