[ゲームRev] FINAL FANTASY 13

いまさらながらですが、PS3のRPG「FINAL FANTASY 13」をクリア。
総プレイ時間は63時間。
RPGの標準プレイ時間(40時間)よりはかかりましたが、思っていたよりはかからなかったかな。
まぁ、ミッションのクリア率が70%ほどなので、全制覇しようと思ったらもっと時間かかってたと思います。

PS3初のFFということで、発売前から注目していましたし、発売日当日に購入はしてました。
が、その頃ちょうど別のゲームにドハマリしていたため、FF13に手をつけたのはつい最近。
そういうパターン多いな俺。

プラットフォームがPS3ということで、まず何より目を引いたのが、超美麗なグラフィック。
登場人物たちの動きは多彩だし滑らかだし、表情も豊かだし。
背景も細部までものすごく凝っていて、すごく綺麗。
遠景の景色は、思わず見惚れてしまうほど。
FF12の背景もすごいと思ったけれど、確実にその上をいきました。
特に、アルカキルティ大平原が素晴らしかったです。
様々な魔物が歩き回ってたり、走り抜けていったり、時々ケンカしてたり、それが遠くのものまで見えるというのがすごい。

ただ、美麗グラフィックにはよくあることだけど、通れる道を見失うことがしばしば。
移動時は、画面右上のミニマップを見てる時間の方が多かったかもしれません。
もしかして、通れる道がぱっと見ではわかりにくいから、ミニマップがあったのかな。


システム面について。
バトルのロールシステムがとにかくユニークでした。
オートバトルとコマンド入力の中間みたいな。
行き当たりばったりの戦術というよりは、戦闘全体をどうやって進めるかという戦略を立てるためのシステム、という印象。
最初はかなり戸惑ったけれど、慣れるとそうでもなく。
まぁ、慣れるまでちょっと時間がかかりましたが。

成長システムは、クリスタリウムという、CPを消費してアビリティを取得したりパラメータをアップさせたりするもの。
見た目は全然違うけれど、FF12のライセンスボードに似ているような気がしました。
ただ、パラメータは無尽蔵に上げられるわけではありません。
シナリオ進行によってどこまで上げられるか制限があります。
この制限がクセモノで、今できる限りの限界までパラメータを上げても、普通に雑魚敵やボスに全滅させられることもしばしば。
思いっきり成長させてからボスをボコるスタイルが好きなヘタレゲーマーには、正直辛かったです。
だって、戦略考えるのめんどくさい(ぁ

あまりに辛かったので、ラストダンジョンでは雑魚敵を避けまくって先に進んでました。
同じ雑魚に2,回も3回も全滅させられ続けると、さすがにいろいろ思うところが。


シナリオについて。
シナリオは、なんというか、気が付いたらラストダンジョンだった、という感じでした。
かなり終盤になっても、目標がなんだかはっきりしなくて。
「コクーンを守る」っていうことが最終的な目標というのは理解できたのですが、どうやって守るのかが最後の最後になってもイマイチ把握できてなかったり。
クリアした今も、たぶんちゃんと話の内容を理解できていないと思います。

それなのに、エンディングはなぜか感動している自分がいました。
これと似たようなこと、そういえば前にもあったなぁ。確か、PS3版「トラスティベル」で。

あと、今回のシナリオライターはドSだと思いました(ぁ
登場人物たちに容赦ないのは、なにも今に始まったことではないけれど、今回はかなり際立って容赦なかったような気が。
小さな子供が相手でも容赦ない。


音楽について。
先にOSTを聴いていたんですが、全体的に良曲ですね。
ゲームの雰囲気とよくマッチしてる。
OSTを聴いていたときは曲の雰囲気が少し硬いと思っていたのですが、ゲームの世界観が機械大量出現の近未来的だったから、全体的によく合っていたんじゃないかと。
ゲームプレイして、OSTの印象もちょっと変わりました。


なんだかんだ言いつつも、それなりに楽しめたと思います。
止め時がわからなくて、ぶっ続けで3, 4時間プレイすることもしばしば。特に後半。
バトルに戦略を見出すのが好きな人や、やり込み好きにはオススメかもしれません。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック