[GMCD] Chill SQ

スクウェア(現スクウェア・エニックス)の過去のゲーム音楽のアレンジ集「Chill SQ」をゲット。
以前発売された「Love SQ」の続編のようなものです。

今作は、全曲Chilloutアレンジだそうです。
Chilloutって、今までそういうジャンルの曲はいくつか聴いたことあるのに、定義がよくわかりません。
なんとなーく、ややゆったりとしたおとなしめのDance系? と思っているのですが、これで合ってるのかな、間違ってるのかな?

Dance系はそれほど好みの曲調ではないのですが、Chilloutはわりと好きです。
なので、このCDの制作が発表されたときから、ずっと楽しみにしていました。
と同時に、「スクウェアが、また妙なところを突いてきたなぁ」を思ったりも。

収録曲は全7曲。
アレンジ元の曲は、FF4?6と、聖剣伝説1、魔界塔士SaGa、フロントミッション、LIVE A LIVEの楽曲。
SFC初期?中期とGB初期のゲームからピックアップされた曲ばかりです。
前作「Love SQ」がFFにやや偏っていたことを考えると、今回は随分とバラけています。
LIVE A LIVEや魔界塔士SaGaの曲が入ってるのは、すごくうれしかったです。

「Love SQ」と同様にかなりアレンジが入っていて、原曲の名残はメロディラインぐらい。
でも、結構良い感じにアレンジされています。ノリやすくて聴きやすいです。
「Love SQ」といい今作といい、このシリーズは良い仕事するなぁ。

気になった点は、収録曲数の少なさ。
全7曲約35分は、ちょっと物足りなさも感じました。
せめて10曲前後収録してほしかったです。何か事情があったのかな?

オススメは、フロントミッションの楽曲のアレンジ「Within Living Memory」。
今作収録の曲のうち、実はフロントミッションだけ原曲を聴いたことがないんですが、それでもこれは良かったです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック