[GMEV] PRESS START 2010

ファミ通主催のゲーム音楽コンサート「PRESS START 2010」の昼の部に行ってきました。
「PRESS START」の観賞は、昨年に続いて2回目です。

今年の目当ては「クロノ・トリガー/クロノ・クロス」。
これが演奏曲として事前公開された瞬間に、チケット購入が決定しました。
今回行かなかったら、後々かなり後悔しそうな予感もあったので。

とはいえ、昨年の「PRESS START」には物足りなさがあって少々期待外れだったので、過大な期待を抱かずに観賞しようと心構えていたりしました。
が、そんなことは無用でした。今回はすごく良かったです。
曲の迫力が段違いでした。最初から圧倒されっぱなし。
これまで演奏してきた中から選りすぐりの曲を演奏したからなのかもしれませんが、初演の「朧村正」の曲も良かったので、おそらくは編曲・演奏の違いかと。
今年は聴きに行くことができて、本当に良かった。

懐かしい曲もあったり、初めて聴く曲もあったり、とにかく楽しめました。
ゲーム音楽って、自分に合った良曲・神曲がたくさんあって楽しいです。
来年もぜひ、開催して欲しいです。今年のようなクォリティで。
できれば、初演曲が半分以上あるといいなぁ。

以下、セットリストと印象的な曲ごとの雑感になります。


昼の部のセットリストは次の通り。
-----
[第一部]
1. クロノ・トリガー/クロノ・クロス メドレー
  予感/クロノ・トリガー/風の憧憬/カエルのテーマ/魔王決戦/エピローグ~親しき仲間へ~/凍てついた炎/マブーレホーム/Chrono Cross~時の傷跡~
2. NewスーパーマリオブラザーズWii メドレー
  Wiiメニュージングル/地上/プレイヤーダウン/城/地上/ゴールファンファーレ通常
3. ファミコンここまで出てるのにメドレー 初級者編
  魔界村/迷宮組曲/ファイアーエムブレム?暗黒竜と光の剣?/謎の村雨城/Dr.マリオ/イーアルカンフー/アトランチスの謎/etc...
4. ICO
  You were there
5. ゼルダの伝説 古代祐三バージョン
  メインテーマ
6. METAL GEAR SOLID PEACE WALKER
  HEAVENS DIVIDE
7. ロックマン2 Dr.ワイリーの謎
  TITLE/WOODMAN STAGE/AIRMAN STAGE/STAGE CLEAR/CRASHMAN STAGE/STAGE CLEAR/GET A WEAPON/Dr.WILY STAGE 1

[第二部]
1. ワイルドアームズ セカンドイグニッション
  ワイルドアームズ2メドレー・オープニング/バトル・VSロードブレイザー/荒野の果てへ/1st IGNITION
2. ナムコアーケードメドレー2010
3. 朧村正
  メインテーマ
4. リズム天国
  忍者
5. ファイナルファンタジーX
  ザナルカンドにて
6. MOTHERメドレー2010
  POLLYANNA (I BELIEVE IN YOU)/BEIN' FRIENDS/EIGHT MELODIES

[アンコール]
1. LocoRoco
  ロコロコのテーマ
2. KORG M01デモンストレーション
  クロノ・トリガーより「世界変革の時」~Xenogearsより「飛翔」~Romancing Saga3より「四魔貴族バトル1」
3. ロマンシングサガ -ミンストレル・ソング-
  オープニングタイトル
-----

以下、印象に残った曲ごとの雑感です。

クロノ・トリガー/クロノ・クロス メドレー
まさしく、最初からクライマックス。
「エピローグ~親しき仲間へ~」と「時の傷跡」で泣きそうになりました。
この曲だけエンドレスリピートで3日3晩聴き続けても、耐えられる自信があります。
メドレーでしたが、特に「時の傷跡」にはものすごく感動しました。感無量。

ファミコンここまで出てるのにメドレー 初級者編
2009年公演と同様に、モニタにゲームタイトル画面をモザイクかけて表示して、演奏に合わせて徐々にモザイクを緩めていくという、「ヒントでピント」方式のクイズ形式。
さすがに「ヒントでピント」を知らない年齢層が、会場内には多数いたと思いますよ桜井さん。

ゲーム禁止家庭で育ったため、ファミコンはそれほどプレイしていなくて、すぐに判ったのは半分ほどでした。
昼の部の初級者編で解答率がそんなもんだったので、夜の部の上級者編は1つもわからなかったかも。

ファイアーエムブレムの曲は、何気に嬉しかったです。ほんの短いフレーズだけでしたが、オケで聴けただけでも満足。
Dr.マリオは出だしから突出した特徴があってわかりやすいと再認識。

ゼルダの伝説
GBで「夢を見る島」をプレイして以来、あまりの難しさに「ゼルダはムリ、もうプレイできん」と心に誓ったけれど、メインテーマは大好きです。理屈抜きでかっこいい。
古代さんアレンジだからでしょうか、より一層骨太な格好良さが際立っていたように思います。

ワイルドアームズ セカンドイグニッション
「荒野の果てへ」の口笛を掠れることなく奏じてみせた早川さん、何気にすごいと思いました。
口笛がないとワイルドアームズが始まらないだけに、素晴らしかったです。

オープニングの「どんなときでもひとりじゃない」が、ゲームバージョンに合わせたのかちょこっとだけの演奏だったので、いつかヴォーカル付きでフルでやって欲しいです。

リズム天国
Aチームが酒井さん+観客からの選抜1名というペア、Bチームが桜井さん+観客から選抜1名というペアでした。
どちらも男性だったのは、去年どちらも女性だったからでしょうか?
酒井さんのリズムがひどくひねくれたものだったのに対して、桜井さんの方は鬼畜でした。
足を使ったり声を使ったり動作を付けたり、とにかくやりたい放題。
まぁ、その発想の飛び方は尊敬するけれど。
そんな酒井さん+桜井さんのリズムに付いていった選抜の方は、本当によくがんばったと思います。

KORG M01デモ
あれ、たぶん「KORG M01」ですよね? DS-10とは画面が違ってたような。
ついでに、デモを担当していた3色のお三方のうち2人は、もしかしてひょっとして光田さんとイトケンさんだったんでしょうか?
拍手の音で、アナウンスの声が聞こえなかったので、よくわからなかったのですが。

正直なところ、何をしたかったのかあまりわかりませんでしたが、「DSで音楽を演奏することもできちゃうんだぜ」ということを伝えたかったのだろうと解釈しました。
一方で、デモンストレーションで流した曲のアレンジはよかったです。
今回のオケコンの中ではかなり異彩を放っていましたが、DSで流しているとは思えないほど表情豊かな曲でした。
DSでここまでできるのはすごいなぁ。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック