[GMCD] Symphonic Fantasies - music from SQUARE ENIX

スクウェア・エニックスのゲーム音楽のフル・オーケストラCD「Symphonic Fantasies - music from SQUARE ENIX」をゲット。
スクエニっていうか、むしろスクウェア系でしたが。

本CDは、ドイツ・ケルンで開催されたオーケストラコンサートを収録したものです。
全5曲。1曲目はオリジナルで、2?5曲目がゲーム音楽のオケ演奏曲になります。
演奏は、ケルン放送管弦楽団とケルンWDR放送合唱団。
オケの編曲はドイツの方がされているようです。

1曲1曲は、ゲームシリーズかつコンポーザ単位でメドレー形式になっています。
収録されたゲーム(もしくはシリーズ)は、キングダム・ハーツ、聖剣伝説2、クロノ・トリガー/クロノ・クロス、ファイナルファンタジーの4つ。
1曲あたりのプレイ時間は15?18分とかなり長く、多くの曲が収められています。

日本とドイツの感性の違いなんでしょうか、それとも人に依存するものなんでしょうか、アレンジの方向性が先日の「PRESS START」とはかなり違うように感じました。
「クロノ・トリガー/クロノ・クロス」で曲が被ってたので、記憶を頼りに比較するとわかりやすいかと。
このCDに収録の曲は、曲によってはかなり強い物語性があります。
あと、「なぜこの曲選んだし?」ていう曲がちらほら。

メドレーに押し込んだ曲数が多いためか、曲の展開がころころ変わります。
その点で言えば「ばらつきが目立つ」と言えるけれど、ゲーム音楽好きとしては「次の何の曲が来るんだろう?」というワクワクしたものもありました。
何度も聴いて耳が慣れてくると、スルメ曲になりそうです。

曲の展開が早くて、ところどころにマニアックな曲も含まれているので、たぶん原曲知ってる人の方が楽しめると思います。
が、原曲知らなくても、たぶん楽しめるんじゃないかと。
スクウェア系のゲーム音楽が好きで、オケアレンジも好きな方にはオススメです。


以下、曲ごとの雑感になります。

-----

2. FANTASY I: KINGDOM HEARTS
他の曲に比べて、ピアノが目立っていたような気がします。
ピアノ・コレクションズが発売された影響でしょうか?

全体的に勇ましくて明るい曲が多いですが、中盤にしっとりと流れる「The Ohter Promise」がやはり秀逸です。
キングダムハーツ2のインターナショナル版で追加された曲だから、日本で最初に発売されたサントラには収録されていないんだけど、なんで追加されなかったのか悔しい気持ちが改めて沸々と(ぇ
しっとりと言えば「Dealy Beloved」も良かったです。
オケの盛り上がりとピアノの切ない響きが相まって、郷愁を誘います。

3. FANTASY II: SECRET OF MANA
「SECRET OF MANA」から気が付く人は気が付くと思いますが、見事にオール「聖剣伝説2」でした。
3の音楽も菊田裕樹氏担当でしたが、3の曲はありません。
3のオケも聴きたかっただけに少々残念でしたが、まぁ仕方ない。

最初の「天使の怖れ」?「少年は荒野をめざす」を聴いて、懐かしさのあまり涙が出そうになりました。
久しぶりに聖剣2の曲を聴いた気がします。

一番インパクトのあった曲は「呪術師」。
このトラックだけでなく、このCDに収録されている曲の中で、一番インパクトがありました。
「予感」もがんばってる感がありましたが、さらに難易度の高いケチャをオケで再現するなんて、無謀な・・・とも思いました。
しかし、意外と様になっていたような。さすがプロ。

なんだか、聖剣2プレイしたくなってきた。。。

4. FANTASY III: CHRONO TRIGGER / CHRONO CROSS
頭はやはり「時の傷跡」。クロノ・クロスを演奏する上で、この曲は外せないと思います。
続く「クロノ・トリガー」は、ベースラインに「時の傷跡」を刻む豪華さ。
「クロノ・トリガー」の曲の雰囲気を「時の傷跡」に似せたからか、意外と違和感ありません。
さらに、曲のラストも「時の傷跡」と「クロノ・トリガー」で終わるという演出。
生で聴いてみたかったなぁ。

このトラックの中で一番お気に入りなのは「運命に囚われし者たち」。
ヴァイオリンなどストリングスが奏でるメロディラインの切なさが、胸に響きます。

5. FANTASY IV: FINAL FANTASY
「プレリュード」で始まり「ファイナルファンタジー」で終わるという王道。
編曲した人、よく解ってるじゃないか。

FFシリーズのメドレーとはいえ、5?7の曲が大半でした。
というか、メインは7だったような。
他にも、アレンジャーはどんだけチョコボ好きなんだ、とか、せっかくコーラスがいるのに「片翼の天使」はそれだけ? とか、ツッコミどころは多々ありますが、まーソコはソレ。
5の名曲「ビッグブリッヂの死闘」のオケアレンジが印象的でした。
あとは、やっぱり「ファイナルファンタジー」が好きです。
一度チョコボに邪魔されたけれど。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック