[GMEV] ファミコンバンド 10th Anniversary Live 『のさんすうあそび』

ゲーム音楽専門の吹奏楽団「ファミコンバンド」(略称FCB)の第10回公演会「10th Anniversary Live 『のさんすうあそび』」に行ってきました。
会場は、川崎市教育文化会館大ホール。

FCBはゲーム音楽を実演奏する団体の元祖的な存在だそうで、昨今の世間におけるゲーム音楽熱急上昇もあってか、入場チケット配布開始時間(=開場の45分前、開演の1時間半前)の前から長蛇の列が出来ていました。
俺はチケット配布15分前ぐらい現地に着いたのですが、その時点で500人以上は並んでいたんじゃないかと。
会場は1,961席あるそうですが、開演前にはほとんど埋まっていました。
空いていたのはVIP席ぐらい。

演奏曲目は、FCの曲が9割という編成。
しかも、なかなかマニアックな選曲。
レトロゲーム好きにはたまらない選曲かもしれません。
そのためでしょうか、他のゲーム音楽演奏会に比べて、客の年齢層が若干高めな気がしました。

公演は、おおまかに3部構成になっていました。
1面(いわゆる第1部)は吹奏楽の演奏+演出。
2面(いわゆる第2部)はバンド演奏+1面よりも大掛かりな寸劇。
3面(いわゆる第3部)は吹奏楽の演奏オンリー。
1面と2面は耳と目で楽しんで、3面は耳をフル活用して楽しむという編成です。

演奏も寸劇も妥協しないという謳い文句通り、演奏も演出も素晴らしかったです。
演奏についてはミスが少なくて、楽器の音色が互いに協調し合って響き合っていて、聴きやすかったです。
どの曲の演奏もすごく丁寧。
吹奏楽にありがちなキンキンしたハーモニーはあまりなくて、全体的に柔らかい感じでした。

演出は、なんというか、色々とすごかったです。
手の込み具合といい、タイミングの合わせ方といい、演出のためにどれくらい時間をかけたんだろうと思わずにはいられないほど。
FCのゲームはほとんどプレイしたことがない(FC全盛期の頃、実家がゲーム禁止家庭だったため)ので、元ネタは半分も判らなかったのですが、それでもなんだかすごく楽しめました。

1つ気になったのは、観客のマナーの悪さ。
演奏中に平気で席を立ったり、ホールに入ってきて席を探してウロウロしていた人が、ちょっと目障りでした。
FCBの方針として、そのあたりはあまりうるさくないのかもしれないのかもしれませんが、観賞していてやや気になりました。

何はともあれ、原曲や演出の元ネタがわからなくても十分に楽しめた公演でした。
次回も開催されるのなら、できればもう少し、曲の年代を幅広くしてほしいなぁ、と思います。
FCばかりではなく、SFCのレパートリーも増やして欲しいです。


追記は、セットリストと曲ごとの雑感になります。

セットリストは次の通りでした。

-----
[1面 ハイパーディレクテッドステージ]
M-01. ドラゴンクエストIX
M-02. コナミメドレイ
グラディウス~イー・アル・カンフー~けっきょく南極大冒険~ハイパーオリンピック~ツインビー
ロードファイター~グーニーズ~グーニーズ2~がんばれゴエモン! からくり道中~悪魔城ドラキュラ
キングコング2~火の鳥~月風魔伝~迷宮寺院ダババ~魔城伝説II 大魔司教ガリウス~ドラゴンスクロール
TopGun~メタルギア~魂斗羅
パロディウス~極上パロディウス
鉄腕アトム feat.大石大二郎~コナミワイワイワールド~バイオミラクルぼくってウパ~ときめきメモリアル


[2面 チープ&マニアックステージ]
M-03. TAITOメドレイ
スペースインベーダー~エレベーターアクション~スカイデストロイヤー~アルカノイド~奇々怪界~六三四の剣~バブルボブル~たけしの挑戦状
M-04. 極小任天堂メドレイ
星のカービィ~ドンキーコング~ドンキーコングJR. の算数遊び~ドクターマリオ
M-05. TECMOメドレイ
つっぱり大相撲~アルゴスの戦士~キャプテン翼
M-06. ルート16ターヴォ そして伝説へ
M-07. ダウンタウン熱血行進曲 それいけ大運動会

[3面 シンフォニックステージ]
M-08. ウィザードリィ
M-09. ファイナルファンタジーVI

[アンコール]
M-10. MOTHER2より「ビコーズ アイ ラブ ユー~エイトメロディーズ」
M-11. 開始早々死んじゃうゲームの曲メドレー(正式名称不明)
-----

以下、印象的な曲ごとの雑感になります。

M-01. ドラゴンクエストIX
DQ9は未プレイなので、序曲しかわかりませんでした。
が、演奏後にナレーションを務めたサンディ(男)が、全部持っていったような気がします。
ところで、サンディってあんなキャラなんですか?

M-02. コナミメドレイ
「上上下下左右左右BA」は、もはや王道ネタですね。

曲は「グラディウス」、「イー・アル・カンフー」、「グーニーズ」ぐらいしか分かりませんでした。
演出に至っては、もっと分かりませんでした。
「イー・アル・カンフー」と「グーニーズ」は、従兄弟の家で見たMSX版しか知らないもんだから、特に「グーニーズ」は曲を知ってても演出の元ネタが違っていたり。
でも、曲はすごく懐かしかったです。特に「グーニーズ」は。

演出の元ネタも原曲も知らないゲームであっても、伝え聞いたことのあるゲームネタからなんとなく推察できるものでしたので、雰囲気で楽しんだ気がします。
あと、パンフレット同梱の説明資料が、非常に助かりました。
演奏後の休憩時間に見て、「あー、そういうことだったのか」と後でニヤニヤしてました。

「ときメモ」の伝説の木を担当された人、休憩時間になってもしばらく晒し者にされて、ほんとにお疲れ様でした。

M-03. TAITOメドレイ
スペースインベーダーの演出のタイミングの良さは、ある意味感動ものでした。
左右への移動や迫ってくる感じがぴったり揃っていて、インベーダー役のみなさん、息合い過ぎだと。
ついでに、曲(というか、SE)も、なんだか懐かしくて良かったです。
まさに、リアルインベーダーゲームでした。

M-04. 極小任天堂メドレイ
ドクターマリオの薬の投げっぷりが、個人的にツボでした。
あの、なんとも言えないやる気のなさが。
確かにゲームのマリオも薬投げてるだけだったし、それがうまく表現されていたと思います。

M-07. ダウンタウン熱血行進曲 それいけ大運動会
元ネタも曲も全然知らなかったのですが、演出の妙でしょうか、わからなくても楽しかったです。
民家乱入がすごくツボでした。
こういう遊び心満載のハチャメチャさが、FCのゲームの良さでもあるんじゃないかな、などと思いを馳せてみたり。

M-09. ファイナルファンタジーVI
メドレーの内容は、多分
  予兆
  炭坑都市ナルシェ
  ロックのテーマ
  霊峰コルツ
  戦闘
  勝利のファンファーレ
  カイエンのテーマ
  エドガー&マッシュのテーマ
  帝国の進軍
  魔列車
  ガウのテーマ
  激闘
  幻獣を守れ!
  序曲
  アリア
  婚礼のワルツ?決闘
  死闘
  レスト・イン・ピース
  死界
  あの日から
  仲間を求めて
  妖星乱舞
  蘇る緑
  プレリュード
だと思うんですが、一部ちょっと自信ないのでツッコミ大歓迎。
ちなみに、「妖星乱舞」は第1~4段階まで全て演奏。
「蘇る緑」は、キャラクターテーマのメドレー部分(原曲の前半)は省略されていました。
また、オペライベントの曲および「妖星乱舞」は、生声付きでした。
男声の存在感がすごかったです。声楽を専門に学んでいた方でしょうか?

こうして並べてみると、かなり多くの曲が詰め込まれいたんだなぁ、と改めて実感。
確かに、聴いていても長いメドレーだと感じました。
が、その分、ものすごく聴き応えがありました。
演奏は最後まで丁寧で、一部トチってたところがあったにせよ、曲の長さを感じさせないほどでした。

今回、この曲のためにこの演奏会に行ったようなものだったのですが、聴けて良かったです。
これ、もう一回聴きたいなぁ。体調万全の状態で。
※実は、1面終了後あたりからずっと、猛烈な頭痛と戦いつつの観賞でした。

M-11. 開始早々死んじゃうゲームの曲メドレー(正式名称不明)
原曲が分かったのは、「スーパーマリオブラザーズ」、「スペランカー」、そして「ファイナルファンタジー2」。
「スーパーマリオブラザーズ」に至っては、演出にあった通りのことを実際に何回も繰り返してしまうため、俺の中では「スーパーマリオ」はある意味トラウマゲーです。
最初のクリボーは最強の敵だと、今でも信じてる。

このメドレーの中で、まさかFF2の「反乱軍のテーマ」を聴けるとは思ってもみませんでした。
メドレーの趣旨から「戦闘シーン1」~「生き返りの間」までだろうと思っていたら、まさかの「反乱軍のテーマ」。
原曲よりスローテンポで、重厚な演奏でした。
FFシリーズ全体通した中でも好きな曲の1つだったので、生で聴けてうれしかったです。興奮しました。

コメント

この記事へのコメント

うぅ、やっぱり来てたのかー!
まさかファミコンバンドを川崎(ぼくの生活圏内)でやってるなんて思ってなくて、知ったのが当日だったよ!
冬木さんが知ってたら行ってただろうなって思ってたらやっぱり行ってたのか、会いたかったーうわぁぁーん!

久しぶりのコメントなのに、なんか壊れててスミマセン><
2010/10/17(日) 22:45:52 | ゆま #IY7bLZJE[ 編集]
Re:
やっぱり行ってました。
これでも、行こうかどうしようか、結構直前まで迷ってたんだけどね。
今回川崎まで行ってみたところ、うちから意外と近い(電車で一本、小一時間強の距離)と判ったので、呼ばれりゃ楽に遊びに行けそうな感じ。
2010/10/18(月) 07:19:10 | ふゆき #-[ 編集]

コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック