[本] 不等辺三角形

2010/10/24(日) 23:38:40 | カテゴリ:
内田康夫「不等辺三角形」(講談社)読了。

宮城県奥松島で仙台箪笥の店を経営する井上の元に、修理の依頼が舞い込んだ。依頼主は名古屋の中沢という人物。箪笥を引き取りに名古屋の現地へ向かうと、そこは古色蒼然とした大きな屋敷。今は人の住んでいないのだという。そこにぽつんと残された箪笥を引き取った井上だったが、ひょんなことからその箪笥が「幽霊箪笥」という曰くつきであることを知る。しかし、依頼を受けたからには修理しなければならない。井上は奥松島に戻り、早速修理に取り掛かったところ、箪笥の隠し棚から漢文の書かれた紙を見つける。
その直後、依頼主の中沢――本名・柏倉が、名古屋の松重閘門で死体となって発見された。


今年の春に3ヶ月連続で刊行された浅見光彦シリーズ3作品のうちの1作です。
ようやく3作品中2作品、読み終わりました。
あと1作、なんとか今年中に読み終わらせたいところ。

本作の舞台は、宮城県奥松島と名古屋市。
北へ行ったり西へ行ったりと、浅見さんは相変わらず忙しそうです。

物語の主体は当然殺人事件の犯人探しなのですが、本作中盤あたりは犯人探しより暗号解読と宝探しの色合いが強くて、冒険モノを読んでいるようでした。
暗号文が漢文だったのは、目新しい要素でした。
それにしても、『五言絶句』は懐かしかったです。
高校で漢文習ったとき以来、久しく聞いてない単語だったので。
まぁ、五言絶句がどういうものか、忘れてしまいましたが。
所詮、古文・漢文とは縁のない理系人間ですし。

犯人を特定するための終盤の盛り上がりは、面白かったですし、切なかったです。
浅見シリーズにはよくある展開なんだけど、いつも以上に切なかった気がします。
何が切ないって、浅見さんが切ない。重荷抱え込みすぎです。

さて、残りの1作品はいつ読み終わらせることができるかなぁ・・・。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック