[GMCD] PERSONA 3 PORTABLE Voice Mix Arrange

PS2/PSPのRPG「ペルソナ3」のアレンジCD「PERSONA 3 PORTABLE Voice Mix Arrange」をゲット。

「PORTABLE」とありますが、「全ての人の魂の詩」や「君の記憶」などもあるので、P3PのOST収録曲だけではない模様。
P3Pで使用された曲、というニュアンスなんでしょう。多分。
P3(無印)はプレイしたけれどP3Pは未プレイのため、P3PにFESの部分もあったのかわかりませんが、どうやらP3FESのOST収録曲はないようです。

「Voice Mix」というタイトル通り、原曲からアレンジされた曲に、ゲーム中の登場キャラの声がミックスされた作品になっています。
PT加入キャラ(コロマル含む)で8?9割を締めています。
残りはイゴールらベルベットルーム組だったり、ニュクス周りだったり。
ストレガは、いたんだろうか?

それにしても、イゴールの声を聴くと、あの独特の声をもう聴けないという現実を思い出して、なんだかしんみりしてしまいます。
しかも、狙ったかのような曲中のイゴールの台詞。いろいろとダブります。

曲のアレンジは、細江慎治さんとsanodg(佐野電磁さん)が、各々5曲ずつ担当。
ほぼ全曲、パキパキしたノリの良いテクノサウンドになっています。
アレンジの度合いは、原曲の雰囲気が色濃く残っているものから、「こんな曲あったっけ?」と思った曲まで様々。
メドレーになっている曲もあります。

曲に声をミックスしたタイプの曲をあまり聴いたことがなかったので、新鮮な感じがしました。最初は。
聴いていて徐々に、「ここ、ミックスした声がいい味出てるなぁ」と感じることよりも、声を邪魔に思うことの方が、正直多くなりました。
たぶん、俺、Voice Mixとは相性悪いのかもしれない。
P3のサウンドに関しては声よりもBGMの方が遥かに印象強いからか、どうしても曲を聴きたくなります。
登場キャラへの思い入れも強いなら、曲を聴いたときの感じ方が異なっていたかもしれません。

P3P(もしくは無印、FES)プレイ済み推奨です。
でないと、最初から最後まで、台詞が何のことやらさっぱりなんじゃないかと。
オススメは、「全ての人の魂の詩」。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック