[GMCD] RADIANT HISTORIA ORIGINAL SOUNDTRACK

DSのRPG「ラジアント ヒストリア」のOST「RADIANT HISTORIA ORIGINAL SOUNDTRACK」をゲット。
ちなみに、ゲームは未プレイです。
「ラジアータ ストーリーズ」のスタッフが手がけたというので興味はあるのですが、時間があまり取れない上に、積みゲーが何本かあるので、まずはそっちを消化しないと。。。

全25曲。霜月はるかさんの歌う「-HISTORIA-」と、そのインストバージョンも収録されています。
全曲、下村陽子さんが作曲されたようです。

ゲームのプラットフォームがDSなので、実は当初あまり期待していませんでした。
DSのサウンドは音質の面でどうも自分と相性が良くないみたいで、迫力がイマイチと感じることが多かったので。
そんな先入観アリアリな状態で聴いてみたわけですが、一度一通り聴いてみた後、そんなことを考えていた昔の自分を殴りたくなりました。
良曲揃いです。

全体的な曲調は、全面的にオーケストラもしくはアンサンブル。
電子音的な音は、ほとんどありません。

格好良い曲がかなり多いです。
戦闘(らしき)曲が格好良いのは言わずもがなですが、それ以外の曲も格好良いです。
クールかつスタイリッシュな格好良さではなく、古色蒼然としていて泥臭いけれど温かくて力強い格好良さ。
曲によっては、そこに荘厳さが加味されていたり、物悲しさが押し出されてたりします。

どの曲もメロディラインが骨太なので、ゲーム未プレイでも十分聴けそうです。
というか、聴けました。
ここまですんなり聴けてしまうと、ゲームのBGMとして流れるとどうなるのか、俄然興味が沸いてきました。

下村さんのファンだけでなく、土の香り漂うオケ調の曲が好きな方はぜひ。
オススメは、「The Edge of Green」、「An Earnest Desire of Grey」、「-HISTORIA-」。
「-HISTORIA-」はインストバージョンも1つの曲として楽しめます。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック