[ゲームRev] タクティクスオウガ 運命の輪

PSPのS・RPG「タクティクスオウガ 運命の輪」をクリアしました。
クリア時の主な戦闘メンバーのLvが25~26。
総プレイ時間は、中途半端にサブイベントを消化して、約104時間。
たぶん、Lv上げ過ぎで時間かかり過ぎだと思います。

SFC/PS版のリメイク版となる本作。
SFC版は全く手を付けていませんが、PS版はほんの少しだけプレイしたことがあります。
その時は確か、バルマムッサが終わった直後ぐらいまで進めておきながら、結局放棄してしまった記憶があります。

辿ったルートはロウルート。
PS版の時も、バルマムッサで同じ選択をしてました。
たぶん、ゲームをプレイする前に読んでいたコミカライズの影響だと思います。

そういえば、初プレイでロウルートを選択したって人、あまりいないようです。
自分の周りに何人か(SFC版、PS版、PSP版問わず)タクティクスオウガをプレイした人がいるのですが、皆カオスルートを選んでいました。
まぁ、わからないでもないですが。俺も、マンガ版読んでなければカオスルート選んでただろうし。

ストーリーは、SFC/PS版をほぼ踏襲していると思います。
重厚なシナリオ展開は、さすが松野さん。
戦乱の苦さ、信頼と裏切り、欺き欺かれながら、祖国統一までの人の生き様が描かれています。
敵キャラの中にも人間性が細かく描かれていて、問答無用でボコれるキャラから、倒すのが惜しいキャラまで様々います。
なんというか、こう、とにかく重い。容赦なく重いです。

大まかなストーリーはほぼ変わっていないと思いますが、細かい部分が所々手が加わっていたような。
冒頭の公爵救出のところ、ゲーム開始から公爵の救出完了するまでの間に、もっと何度もバトルを繰り返していたような覚えがあります。
まぁ、10年近く前の記憶なんで、あまりアテにはなりませんが。

バトルシステムはあまり変わっていませんが、成長システムが大きく変わっています。
キャラクターごとのLvというのが廃止され、クラス(職業)にLvが付きました。
そのため、コツコツ育てたキャラと同じクラスのキャラであれば、途中参加してもそのキャラと同じLvからの参加になります。
逆に言えば、途中参加したキャラが全く新しいクラスだったりすると、一から育てなければならないわけで。
序盤はそれでも良かったのですが、戦闘にメインで使っているクラスのLvが20ぐらいになってから、まったく新しいクラスのキャラが参加すると、使えるようになるまで育てるのがたいへんでした。
プレイ時間がやたらかかったのは、それが一因でもあります。
もうね、育てるのたいへんでしたよ。特に姉さん。。。

戦闘はSFC/PS版と大きな変更はないと思います。
ドット絵のクォータービューの中で、やはりドット絵の3?4頭身ぐらいのキャラがちょこちょこ動く感じ。
今となってはどことなく懐かしさすら感じられる画面でした。

1戦闘あたり10?30分ぐらい(ラストバトル除く)なので、ちょっと時間の空いたときに軽く1戦、ということも可能かと。
例外的に長かったのは、ラストバトル2連戦のうちの1回目。ものすごく苦労しました。
あれは、どんだけレベル上げても苦労するバトルなんじゃないかと。

BGMは、SFC版にアレンジが加わって、より一層豪華になっていました。
とはいえ、原曲がほぼ残った状態でのアレンジなので、違和感はほぼ感じませんでした。
新規追加曲も同様です。
スタッフロールを見る限りでは曲によっては生音だったらしく、ぜひとも全曲オケ演奏会を、と願ってみたり。

重厚な戦記もののS・RPGが好きな方や、FFTが好きな方にはオススメです。

ところで、エンディングのスタッフロールの背景に表示された風景画がすごく欲しいのですが、どこで手に入りますか?

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック