[ゲームRev] テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3

PSPのRPG「テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー3」(以下マイソロ3)をクリアしました。
プレイ時間は、約63時間。
クリア時のレベルは、双剣士Lv82。
ラスボス戦はクラトス(Lv72)、エステル(Lv76)、レイヴン(Lv80)で挑みましたが、レベル上げすぎたのか楽勝でした。
もう少し低くても良かったかも。

「テイルズ オブ」シリーズのマザーシップタイトル+αに登場するキャラクターが競演する「レディアントマイソロジー」シリーズの第三弾。
マイソロシリーズは1からプレイ済みですが、今回の作品が一番プレイしやすかったです。
前作、前々作の不満点がいくつか解消されています。

採取・発掘のためのアイテムが不要になったため、アイテムが足りなくて採取・発掘できないということがなくなりました。
そのため取り放題かと思いきや、一度取った採取・発掘ポイントはダンジョンを一度出ないと復活しないので、結局外に出ないといけなかったり。
面倒くささが減りはしたけれど、0にはしなかったのは、うまいサジ加減だなと思いました。

それと、拠点となるバンエルティア号内が広くなったけれど、イベントやクエストがどこで発生しているのかがミニマップで分かるようになったのは、すごく助かりました。
前作では重要クエストが終わるたびに、1部屋ずつ巡っていたので。
その分、テイルズキャラに話しかける機会が減ったような気もします。
お気に入りのキャラには、事あるごとに声かけていましたが。

一番助かった改良点は、戦闘不参加キャラにも経験値が加算されるようになったこと。
前作ではクエスト必須キャラのLvが低い場合、イチイチ底上げしてあげなければならなかったので、それがなくなっただけで随分楽になりました。
底上げしなければならないという強制力がなくなったと同時にPTキャラの入れ替えに対する抵抗がなくなったため、キャラの特性とPTのバランスとキャラに対する愛着だけを考えてPT組めるようになったんじゃないかと。

と、いくつか改良されてプレイしやすくなっている分、難易度は下がったような気がします。

マイソロシリーズ第三弾ということで、前作、前々作の続編じゃないかという危惧もあるかもしれませんが、これ単体でも十分楽しめると思います。
1割ほどマイソロ1, 2のネタが絡んできますが、本作内で軽く説明があるのであまり気にしなくても良さそう。
もちろん、知っていると「あー、あれかー」と思える箇所があり、その分楽しめると思いますが。

ストーリーは、かなり平板でした。
山や谷の起伏が乏しくて、二転三転どころか一転もしなかったような。
テイルズらしく、裏切りとか陰謀とか葛藤とかを期待していたんですが、見事になかったです。
マイソロオリジナルキャラの掘り下げが甘い感じがしました。
特にロックスは設定的にすこぶるおいしいキャラなのに、なんだか勿体無かったです。

あと、ギルド・アドリビトムで依頼を受け取ることのできるサブクエストの種類が、やっぱり乏しい気がしました。
サブクエストを大別すると、特定のアイテムを拾って届ける探索系、特定の場所でモンスターを倒す討伐系、テイルズキャラと戦闘する決闘系の、3種類ぐらいになるんじゃないかと。
前作ほどではないとはいえ、終盤になるとさすがに飽きてきました。
もう少しバリエーションが欲しかったです。
ダンジョンを数箇所渡り歩くクエストとか。聖剣LOMみたいに話の繋がっている連作サブクエストとか。

まぁ、マイソロシリーズの醍醐味は過去のテイルズ作品に登場したキャラクターの競演なので、ストーリーやクエストは二の次なのかもしれませんが。

マイソロ3に参加したテイルズの歴代キャラは、シリーズ最高の約80人。
参加していないキャラの方がおそらく少ないんじゃないかと思えるほど、ぞろぞろ参加します。
ただ、1, 2の時はメインストーリーを進めればほぼ全員が仲間になりましたが、本作では参戦キャラの1/4ほどはサブクエストをクリアしないとアドリビトムの仲間にはならない仕組みになっています。

登場キャラが増えたということで、スキットもかなり増えてます。
スキット数は600以上あるらしく、とにかく良く喋ります。
お前らほんとに仲いいな、っていうくらい喋ります。
歴代テイルズの小ネタがぽろぽろ出てくるので、プレイ済みだとニヤリとさせられる機会も多いです。
稀に、どう考えても公式が病気としか思えないスキットもありました。
ユーリとレイヴンとグミとか、リタのジェイド化とか。
うん、いいぞ、もっとやれ(ぁ

スキットで残念だったのは、フルボイスではない点。
たぶんデータ容量の問題だと思うので、仕方ありませんが。

ストーリーはともかく、歴代テイルズキャラの掛け合いに楽しませてもらいました。
歴代テイルズを数作プレイ済みで、「テイルズ オブ」シリーズが好きな方にはオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック