[GMCD] -MYTH- The Xenogears Orchestral Album

PSのRPG「ゼノギアス」のオーケストラアレンジアルバム「-MYTH- The Xenogears Orchestral Album」をゲット。

ゼノギアスのOST発売から10年ほど経過してのオケアレンジアルバム発売。
一体、何があったんだスクエニ。
アレですかね、昨今のゲーム音楽の盛り上がりに便乗したのでしょうか。
ゲーム音楽の演奏会でゼノギアスの楽曲が演奏されているのを知って、制作決定したとか。

ゼノギアスの曲は、OSTが発売された頃から大好きです。
友人から「ゼノギアス面白いよ」と薦められてゲームを借りてプレイしたところ、ゲームにも音楽にもハマり、OSTを買ってしばらく部屋で垂れ流していたら、遊びに来た別の友人に伝染したという過去があります。
なので、今回のオケアレンジ集の発売を知ったときは、心の中で狂喜乱舞してました。

収録曲数は14曲。
スクエニメンバーズのサイトでの投票結果とコンポーザ光田康典氏の意見を元に選曲されたそうです。
曲リストは「あー、なるほどねー」という感じです。
戦闘曲や激しい曲が少なく、どちらかと言えば大人しい原曲が多いです。
が、ゲームプレイ済みの人やOSTを聴いたことのある人ならば、どの曲も耳に馴染みのある曲ではないでしょうか。

原曲自体が大人しかったり荘厳だったりするものが多く、原曲の雰囲気を極力残したアレンジになっているので、このオケアレンジ集も全体的にゆったりしてます。
派手さはあまりないです。
唯一派手な曲は「死の舞踏」ぐらいじゃないでしょうか。
ゆったりしている分、自己主張がそれほど強くないので、BGMにも適しているかもしれません。
集中して聴くなら、ヘッドホン+音量大きめが推奨です。

原曲自体がオケに近い曲調だったので、オケアレンジされても全く違和感がありません。
原曲同様、心に沁みこむような曲になっています。
あまりに原曲に近いので、聴いてたら懐かしさが込み上げてきて、ゼノギアスを再プレイしたくなってきました。
PSSのゲームアーカイヴでDLできるから、プレイしようと思えばできますし。
あとは、あのシーンに挑む勇気さえ出れば。あの、ソイレンt(ry

欲を言えば、もう少しアレンジで挑戦して欲しかったなぁ、という気もします。
あまりに原曲に近いオケアレンジだったので、少し違ったゼノギアスも聴きたかったです。

とにもかくにも、ゼノギアスの曲が好きな人にはオススメです。

しかし、こうしてゼノギアスのオケアレンジアルバムが出ると、ついクロノトリガー・クロノクロスのオケ集も期待してしまいたくなります。
制作してくれないですかね、スクエニさん。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック