[GMCD] More SQ

スクウェア・エニックスのゲームのBGMをアレンジしたアルバム「SQシリーズ」の最新作「More SQ」をゲット。
スクエニというよりは、スクウェア時代+アルファと言った方が正しいかも。
スクエニになってからのゲーム曲は1曲だけで、他はスクウェア時代の曲なので。

全13曲収録。
今回は、
 ・FINAL FANTASY 5, 6, 8, 9から1曲ずつ
 ・FINAL FANTASY メインテーマ2曲、プレリュードとチョコボのテーマが1曲ずつ
 ・クロノ・トリガーから2曲
 ・サガフロ2、ニーア、LIVE A LIVEから1曲ずつ
という構成。
全体的にFFに偏ってます。
ニーア ゲシュタルト&レプリカントに挑戦されたことは「おおっ!」と思いました。すごく挑戦的だなぁ、と。良い意味で。
このSQシリーズ、どうもFF、クロノ、サガ、LAL、今回はないけど聖剣あたりで定番が固定化しかけているのが、ちょっと気になっていたので。
ルドラの秘宝とか、バハムートラグーンとか、ゼノギアスとか、スクウェアが良くも悪くも尖がってた時代に生み出された、たくさんの良曲にも目を向けて欲しいです。

今回は、前作とは異なり、特にアレンジの方向性の指定はないようです。
全体的にはダンスっぽい、のかな。
ノリが良くて激しい曲が多いです。

かなり原曲を破壊しているアレンジ曲が多いので、原曲が好きな人は要注意かも。
曲によっては、雰囲気からして180度がらっと変わってるものもあります。

一通り聴いたところ、「これはいい」と思える曲と「ちょ、えー・・・」ていう曲と、両極端の印象が残りました。
曲として、というよりは、アレンジの方向性として。
原曲からあまりにかけ離れすぎていて受け入れ難い曲が2, 3曲ほどありました。
それ以外は、「こういうアレンジにしたのか、ほー」というものばかりです。

全体的には、まぁ悪くないかな、という印象。
スクウェアのゲーム音楽とダンス系の曲が好きな方ならいけるんじゃないかと。
個人的には、LALの「メガロマニア」と、サガフロ2の「Rosenkranz」に好印象を持ちました。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック