[GMCD] DISSIDIA 012[duodecim] FINAL FANTASY Original Soundtrack

DISSIDIA 012[duodecim] FINAL FANTASY(以下DDFF)のOSTを、iTunesでまとめてゲット。
いろいろあって聴きたくなって衝動買いしました。

いつものように、DDFF自体は未プレイです。
トロステの特集を見ましたが、プレイできる気がしませんでした。
そんなアクション下手。

前作と同様、DDFFオリジナル曲と歴代シリーズ曲のオリジナルもしくはアレンジが、サンドイッチされたOSTになっています。
歴代シリーズの曲は、初代の1から、現時点で最新作の13まで。もちろん11も含まれています。
各作品ごとに3~5曲。アレンジされているものもあったり、原曲そのまま収録されているものもあります。
驚いたことに、1~3の一部の曲が、オリジナルのまま収録されていました。
PS版でアレンジされた曲ではなく、あのFC版のピコピコ音のままです。
ゲーム中ではどんな感じに使われているんでしょうか。

歴代シリーズ曲、前作DFFで採用された曲と被っているものはどうやら無さそうです。
ゲットするに当たって、そこが一番気になっていました。
前作のOSTも持ってる身としては、総入れ替えでほっとしました。

他のシリーズ曲とごちゃまぜに聴いていて、意外と曲がいいなぁと思ったのが13。
「意外」なんて言ったら失礼ですが、音のメリハリが効いていて映えてる気がしました。
13のOSTを単体で聴いていたときは、確かに良曲は良曲なんだけど、これほどまでに良曲だとは感じていなかったのですが、ちょっと認識改めようかと。

エンディング曲は、前作と同じく歴代シリーズのエンディング曲をメドレー形式に繋げたものになっています。
11の曲も含まれているかどうかは、ちょっとわかりませんでした。
ていうか、11ってエンディング曲なるものがあるのだろうか?

DDFFオリジナル曲のコンポーザは、「すばらしきこのせかい」などの音楽を手がけた石元丈晴氏。
石元氏だからゴリゴリにロックでテクノなのかな、と思っていましたが、全部が全部そうというわけでもなく。
歴代FFの雰囲気に合わせるためでしょうか、壮大なオケ調の曲の方が多いです。

今回、iTunes版を購入しましたが、iTunes版にもボーナストラックが収録されています。
さすがに初回限定版に付いてくるDVDの内容までは付いてないようです。
Standard Edition相当なのかな。

オススメは、めちゃめちゃロックだけど「God in Fire」がわりと好きかも。
アレンジ曲は、どれも好きなので甲乙付け難いです。FF2の「パンデモニウム城」やFF4の「バトル1」、FF5の「ダンジョン」、FF13の「閃光」が好きかな。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック