[GMCD] DRAG-ON DRAGOON Original Soundtrack

PS2のACT「ドラッグオンドラグーン」(以下DOD)のOSTが復刻されたので、購入してみました。
ちなみに、DODは未プレイです。発売当時デモ動画見て、プレイできる気が全くしませんでした。
世界観の暗さが自分好みだったので、興味はあったんですが。

オリジナルのOSTはVol.1、Vol.2と2枚に分かれていましたが、復刻版は2枚組にまとめられています。
復刻決定を知ったとき、また2枚出るのかなと思っていましたが、そんなことはなくて良かったです。

ゲームに負けず劣らず、OST収録の曲も暗いです。
明るい曲とか、躍動感のある曲とか、胸踊る曲は、ほぼありません。
まぁ、そういった曲はDODの世界観にあわなそうですが。
全体的に、じわじわとした暗さです。常に抑圧された葛藤や鬼気迫る怒りのようなものを感じます。

曲はほぼ全編オケ調。
ノイジーなパーカッションと金管楽器が、いい感じに恐怖心や焦りのようなものを煽ってくれます。

短い旋律を数回繰り返して次の展開に移る曲が多いためでしょうか、メロディやハーモニーの自己主張はそれほど強くないです。
作業用BGMとしてはいい感じ。
曲の雰囲気を考えると、好きな人はすごく好きそう。

今回の復刻にあたって、よく「ニーア・ゲシュタルト/レプリカント」が引き合いに出されていましたが、ニーアの曲を想像して聴くと撃沈するかもしれません。
退廃的な雰囲気は似てるけれど、ニーアほどメロディアスではありません。
そもそもコンポーザが違いますし。

そういえば、ときどきドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」のフレーズが聴こえてきたんですが、あれはなんだったんだろう。
あまりにピンポイントなフレーズだけだったので、ちょっと自信もないんですが。
ひょっとしたら偶然似てただけ?
ゲームプレイすればわかるのかなぁ。

DODのゲームプレイしたけれどOST買い損ねて、中古は値段が高騰し過ぎてて入手できなかった、という方は、ぜひこの機会に。
あと、鬱になれるBGMをお探しの方にもオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック