[ゲームRev] キャサリン

PS3/Xbox360のACT+PZL「キャサリン」をクリアしました。
俺がプレイしたのは、PS3の方です。
難易度はスーパーイージー。プレイ時間は約12時間。

クリアしてもなお、スーパーイージー以外の難易度でクリアできる気がしません。
アクションもパズルもド下手な俺には、とてもじゃないけどムリです。
スーパーイージーでプレイしてもクリアするのがやっとで、各階層クリア時の評価はほとんどブロンズでした。
ごく稀に、シルバーをもらったりもしてました。
きっと、どっかから奇跡でも降ってきたんじゃないかと。
ゴールド? なにそれ、おいしーの?

こんなパズルスキルもアクションスキルも底辺な俺が、巷で難しいと評判の「キャサリン」を購入するに至った動機は、初回特典でした。
P3やP4で有名なコンポーザの目黒将司さんによる、テクノ/ロック調にアレンジしたクラシック音楽のサントラが初回特典と聞いて、光の速さで飛びつきました。
クラシック音楽+目黒さんのマッチング、買わないわけにはいきません。
これ、ホントです。

まぁ、俺のようにアクションやパズルが苦手な人でも、スーパーイージーならひょっとするとなんとか最後までいけるかもしれません。たぶん。

ストーリーは、端的に言ってしまえば、男と女のドロドロ話です。非常にアダルト。
若干ホラーというか狂気じみたシーンもあります。
CERO Cなのも納得。
むしろ、あの雰囲気ならCERO Dレベルまで話を展開させても良かったんじゃないか、とも思います。

全体の雰囲気は、P3やP4に似ている部分もあります。
軽妙な掛け合いがあったかと思えば、妙にリアルなドロッドロの展開があったり。

どうやらマルチエンディングらしいのですが、俺が辿ったルートはどっちつかずのルート。
普通に何も考えずに選択肢を選んでたからか、ゲージは中間を行ったり来たり。
他のEDも気になるけれど、あのパズルをもう一度リプレイするのはちょっと骨が折れるなぁ。

公式がネタバレを禁止しているので深くは触れませんが、終盤の展開がすごくATLUSらしいです。
急に話が大きくなって、プレイしつつ「え、あ、うおぉぉ!?」と言葉にならない声を上げてました。
あと、終盤のヴィンセントがカッコ良かった。やればできるんじゃん。

P3やP4の雰囲気が好きな方は、意外とハマれるかもしれません。
あと、パズルゲームが好きな人も。中毒になるかもしれませんが。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック