[GMCD] キャサリン オリジナルサウンドトラック

PS3/Xbox360のACT/PZL「キャサリン」のサントラをゲット。
CDではなく、iTunesのダウンロード販売で購入しました。
CD版と内容変わらない上に、DL販売の方が安かったので。

ゲーム本編は、少し前にクリアしました。
常にスーパーイージーモードでしたが。

アトラスのペルソナ班がゲーム制作を手がけていただけあって、曲もペルソナチックです。
曲によってはおどろおどろしい曲や不安にさせるような曲もあるんですが、全体的にはスタイリッシュ。
ただ、P3やP4ほど自己主張が強くないです。
あと、「これ、ゲームのどこで使われてた曲だっけ?」という曲が結構たくさんありました。
ルート進行によっては聴くことのない曲もいくつかありそう。

ゲーム内ゲーム「ラプンツェル」の曲も収録されています。
あれ、ものすごくシンプルな作りなんですね。
ゲーム中は解くことに必死で、あまりちゃんと聴いてなかったです。

あちこちで指摘されている通り、アクションパートでかかるクラシック音楽のアレンジ曲は、まるっと全部収録されていません。
そちらも聴きたい場合は、ゲームの初回特典CDを入手するしかありません。
ぶっちゃけ、クラシック音楽のアレンジ曲の方がゲーム中に長時間聴くことになるので、なんでそっちをOSTに収録しなかったのか不思議なのですが。
コンポーザの完全オリジナルじゃないから、特典にしたのかな?

とはいえ、こっちのOSTにも、一部のクラシック音楽アレンジ曲が収録されています。
アクションパートのゲームオーバー曲と、どこでかかるのか分からないけれどベートーヴェンの第九アレンジ曲。
ゲームオーバーの曲を聴く度に、ヴィンセントに申し訳ない気持ちがふつふつと。
何度も落ちたり潰されたり刺されたりさせて、正直すまんかった。

オススメは、OPムービーでかかる「YO」。
それと、個人的には「リザルト」も好きです。パイプオルガンの荘厳さがツボ。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック