[ゲームRev] ペルソナ2 罪

PSPでリメイクされた「ペルソナ2 罪」をクリアしました。
総プレイ時間は・・・・・・どれくらいだろう? 60~70時間くらい?
クリア時のPTのレベルは60前後で、ラスボス余裕でした。
もっともこのゲーム、PTメンバーのレベルよりも、装備してるペルソナの方が重要だったりするので、あまり参考にはならないかも。

PS版はクリア済みです。
ただ、10年ほど前にプレイしたきりだったので、ストーリーのほとんどを忘れていました。
ラスボスやジョーカーの正体、途中で某PTキャラが入れ替わることは覚えていたんですが、何がどうしてラストバトルに繋がったのかという重要な部分が、それはもうキレイさっぱり抜け落ちてました。
PS版プレイしたときも実はよく理解できていなかった部分だったので、続編の「罰」をプレイしたときから、「あれ、『罪』のときに何しでかしたんだっけ?」と頭にクエスチョンマークが踊っていた覚えが。
今回、改めてプレイして「おー、そういうことだったのか!」と、ようやく納得しました。
10年前の俺、読解力なさ過ぎだよ。

全体的にリメイクというよりは移植版というニュアンスの方が強いです。
シナリオの変更は、たぶんありません。
システム面の変更も、ほとんどないです。
そのため、ペルソナシリーズ恒例のペルソナ合体が、リメイクされた本作でもありません。
PS版同様、モンスターとコンタクトを取って集めたタロットカードの数に応じて、ペルソナを召喚するシステムになってます。

難易度も、PS版に則った感じです。
「1」に比べれば、かなり遊びやすいです。さくさく進みます。

大きな変更点は、BGMと「シアターモード」の追加。
BGMは、ほぼ全曲リメイクされている模様。
リメイクされたことにより、随分スタイリッシュになったような気がします。
オリジナルとリメイク、どちらが良いかは好みの問題かと。

「シアターモード」は、ほとんどやってません・・・・というか、やれませんでした。
例のPSNサービス停止の煽りを食らって、クエストの新規ダウンロードができず、結局プリインストールされていた作品しかできなかったので。
プリインストールされていた作品をプレイした感じでは、レベル上げにちょうどいい感じがしました。
次のダンジョンへ潜るにはレベルが少し不安、というときに便利かも。

その他に、一部のキャラ名や用語が変更されています。
グローバル化の影響を受けた変更でしょう、あれは。
10年前は、比較的好き勝手できたもんなぁ。。。

プレイしていて気になったのは、UMDのロードの遅さ。
マップ切り替え時のローディングは、ディスクの宿命と思って多少我慢できるんですが、戦闘時のコマンド入力のレスポンスの遅さは少し気になりました。
あと、戦闘時のペルソナ召喚を省略できるスキップ機能が欲しかったです。

ペルソナシリーズは「3」や「4」から入ったから、過去作品もプレイしてみたい人にオススメです。
PS版プレイ済みで、懐かしさから再プレイしたい人にもオススメかも。

で、「罰」の発売日はいつですか?
# PS版の頃から、「罪」より「罰」の方が好きでした。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック