[音楽] 志方あきこ / 白夢の繭 ~Ricordando il passato~

2011/06/12(日) 22:29:41 | カテゴリ:音楽
志方あきこさんのミニアルバム「白夢の繭 ~Ricordando il passato~」を購入。
新曲は、「謳う丘~Ar=Ciel, Ar=Dor~」以来でしたっけ。

「うみねこのなく頃に散 エピソード8」のテーマソングである表題曲を含む、計5曲収録。
うち冒頭の1曲「Pitalacta ~陽月の舞~」は歌詞なし。
コーラスはあるし、歌声は歌詞っぽいものを歌っているように聴こえるけれど、ブックレットに歌詞はありませんでした。

また、去年のライヴコンサートで披露された「Pantalea」の日本語歌詞版も収録されています。
去年チケット取り損ねて行けなかったので、コンサートバージョンと異なる箇所があるのかどうかわかりませんが、少なくともパンフレットに記載の歌詞とは異なるそうです。

ちなみに、表題曲「白夢の繭 ~Ricordando il passato~」は、歌詞カードを見ていても、歌詞が行方不明になりました。
日本語訳がついてるけれど、実際歌ってるのが日本語でも英語でもドイツ語でもヒュムノス語でもないので、今どこを歌ってるのかまるでわかりません。
あの歌詞は一体何語なんでしょうか? 古イタリア語?

曲調は全曲、民族音楽調です。
もはや定番なので、安定しています。定番の志方節です。
民族音楽調が好きな身としては、どの曲もたまりません。
テンポの良い曲(1曲目や2曲目、4曲目)のパーカッションやアコースティックギター、弦楽器の音に、すこぶる胸が躍ります。

ただ、今回は定番の多重コーラスがそれほど強くない気がします。
複数の歌詞が並列に走る、ということはあまりないです。

今回のテーマは「森」だそうです。
それを知ってから歌詞を読んだのですが、確かに森を表現する歌詞しかありませんでした。
全体的に、夜の森を表現した曲が多いような。
そのせいか、どの曲も、どこかに暗さを感じます。

志方あきこさんの曲が好きな方はもちろん、民族音楽調の曲が好きな人にもオススメです。
個人的には、「誰ガ為ノ世界」がド直球で好きです。サビの疾走感がたまりません。


そういえば、今年の8月に、去年に引き続き今年もライヴコンサートが開催されるそうです。
チケットの先行抽選予約が6/20に始まるそうなのです。
去年はチケット販売開始時に外出しなければならず、戦う前に負けてしまったので、今年こそは忘れないようにしないと。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック