[GMEV] PRESS START 2011

ファミ通主催のゲーム音楽オーケストラコンサート「PRESS START 2011」の昼の部に行ってきました。
一昨年、去年に引き続き、3回目の参加です。

会場は新宿文化センターの大ホール。
去年や一昨年に比べると、会場の規模は少し小さめ。
それが原因ってわけでもないでしょうが、昼の部は満席でした。

今年は、セットリストの半分以上が聴いたことのない曲だったので、どこまで楽しめるのか正直なところ不安でした。
ゲーム音楽は、知ってる曲の方が楽しめるのを知ってるので。
でも、知らないなら知らないなりに、気が付いたら楽しんでいました。
それだけ、迫力のある演奏だったのかなと思います。

去年に比べると、あまり遊びのない公演でした。
インタラクティブ性はほとんどありません。
その分、聴くことに集中できたので、それはそれでいいんじゃないかと。

今年のPRESS STARTは、最新のゲーム曲と8bit/16bit時代のレトロゲーの2極に分かれていて、その中間があまりなかったという印象もあります。
中間と言えるのは、「大神」と「ゼノギアス」ぐらいでしょうか。
レトロゲー好きにはたまらなかったかもしれないけれど、個人的には年代を幅広くやって欲しかったなぁと思いました。
あと、全体的に任天堂とスクエニに偏ってるのも気になりました。
まぁ、企画人が企画人だから、仕方ないのかもしれませんが。

それにしても、FF4といいニーアといい大神といい、そのゲームで一番有名な曲を外してくるのはワザとなんでしょうか?
FF4の「愛のテーマ」や「プロローグ」、ニーアの「Ashes of Dreams」、「大神」の「太陽は昇る」なんて、有名曲なのに。

以下、セットリストと印象的だった曲の雑感になります。

セットリストは以下の通りです。

-----
[一部]
1. ゼノブレイド
メインテーマ/ガウル平原/機の律動/伝説の勇者リキ/燐光の地ザトール_夜/名を冠する者たち/敵との対峙
2. スペランカー
スペランカーのテーマ/地底探検~ステージクリア/ミス~ゲームオーバー
3. ポケットモンスターシリーズ
ポケットモンスタースペシャルメドレー~オープニング/ポケモンセンター/6番道路(春~夏)/戦闘!野生ポケモン(ポケットモンスター赤・緑、ポケットモンスターブラック・ホワイトより)
4. グラディウス
ステージメドレー
5. 428~封鎖された渋谷で~
メインテーマ
6. ファイナルファンタジーIV
赤い翼/ダンジョン/バトル1/勝利のファンファーレ/飛空艇/少女リディア/ゴルベーザ四天王とのバトル/ファイルんファンタジーIVメインテーマ

[二部]
1. ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト
魔王/エミール/カイネ/イニシエノウタ
2. エルシャダイ
エルシャダイのテーマ/悠遠なる天地~イーノックのテーマ/悲壮なる叫び
3. スーパーマリオギャラクシー2メドレー2011
4. ゲームで使われたクラシック名曲メドレー2011
5. 大神
始まり/両島原 其の二/「Reset」~「ありがとう」バージョン~
6. ラストストーリー
翔べるもの

[アンコール]
1.ゼノギアス
2.光神話 パルテナの鏡
-----

以下、印象的だった曲の雑感です。

1-2. スペランカー
以前、PRESS STARTで演奏したものの再演です。
去年販売された「PRESS START The 5th Anniversary」に収録されているものそのままだったと思います。
それでも、ゲーム開始早々ミスるところは笑えました。さすが、最弱主人公w

1-4. グラディウス
出だしはすごくクラシック音楽っぽかったですが、中間はひどい演奏者泣かせだったのではないかと。
聴いててハラハラするぐらい、ものすごく演奏しにくそうな曲でした。なんだあれw

1-5. 428~封鎖された渋谷で~
原曲は知りませんが、一言で言い表すならば「ハードボイルド」でした。
原曲もそんな感じなんでしょうか? 気になる・・・。

2-1. ニーア レプリカント/ニーア ゲシュタルト
原曲よりもポジティブというか前向きな曲調になっていました。
退廃的な感じは薄かったです。
コーラスとボーカルがオケに完全に負けてたのが、ちょっと気になりました。
座席の位置に原因があるのかもしれないけれど、もう少し音のバランスが良ければ、もっと化けてたかもしれない。

2-2. エルシャダイ
途中でディスプレイに登場したルシフェル(かな?)が全てを持っていった気がします。
なんか、この曲だけやたら演出が豪華でした。
あと、ハンドクラップ最高。
曲も格好良かったし、懐に余裕があればOST欲しいかも。

2-4. ゲームで使われたクラシック名曲メドレー2011
対象がレトロゲームばかりで、個人的には結構がっかり。
曲のあとに桜井さんが「キャサリンは?」とツッコミ入れてましたが、よくぞ代弁してくれたと思いました。
キャサリンだけじゃなく、最近のゲームにもクラシック音楽が結構使われてるのに。
あと、アレンジがちょっと単調でした。うーん。

2-5. 大神
今年の公演で、一番胸が熱くなった曲でした。
一昨年聴いたときは「ん?」という印象が拭えず、イマイチ乗り切れなかったんですが、今年は良かったです。
尺八の不安定さがやや気になりましたが。
「「Reset」~「ありがとう」バージョン~」の盛り上がりが最高です。

アンコール-1. ゼノギアス
最初の1小節が流れた瞬間に「ゼノギアス、キターーーーーッ!!」と心の中で叫んでいました。
やっぱり「飛翔」は最高です。
もういっそ、全曲演奏してくれてもいいよ、ほんとに。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック