[音楽] スーパーレアトラックス The LAND of RISING SUN

2011/10/22(土) 22:30:57 | カテゴリ:音楽
先日の4starオーケストラにて限定販売されたゲ音団の「スーパーレアトラックス」を、ようやく全曲聴きました。
2枚組で、全40曲収録。プレイ時間はトータルで約2時間10分強ほどになります。

ちなみに「ゲ音団」とは、「ームの屋の体」のこと。
文字通り、ゲーム関連のサウンドクリエイターによる親睦団体です。
詳細は上のリンク先を参照してください。

そんなわけで、本作も著名なゲームコンポーザさんが参加されています。
自分の知っている方をざっくりあげると、三宅優さん、関戸剛さん、桜庭統さん、谷岡久美さん、菊田裕樹さん、土屋昇平さん、下村陽子さん。
他にもたくさんの方が参加されています。
あまり名前を見かけたことがなくて、「この人誰だろ?」と思ってちょっと調べてみたら、出てくる出てくる名作の数々が。
とんでもない顔ぶれが揃ってることに、今さら気付きました。

多数の方が参加されているだけに、全体的にごった煮感が満載です。
統一感なんてどこ吹く風とばかりに、いろんな曲が収録されています。
曲調は、テクノ、ロック、ヒーリング、ピアノソロ、オケ調、8bitなどなど。
ハードロック調の激しい曲もあれば、しっとりしたボーカル曲もあったり。

比較的軽めの曲が多いような気がします。
気軽に聴けるので、作業用BGMにちょうど良いです。

とはいえ、良曲ばかりが揃っています。
こればかりは「さすが」としか言いようがありません。
良曲+ごった煮だからか、全曲リピート+シャッフル再生で延々繰り返し聴いていても、ほとんど飽きることはありませんでした。

ボーカルのある曲も数曲ほどありますが、ほとんどがインスト曲です。
その点についても、ゲーム音楽好きにとって安心して聴けるかと。

今となっては新品の入手は非常に困難な作品ですが、もし聴く機会があったら一度聴いてみるのも悪くないかと。
ゲーム音楽好きならば、収録曲のいずれかにピンと来るかもしれません。

ちなみに、このCDは、東日本大震災へのチャリティーを目的として制作されたものだそうです。
4starオーケストラ開催期間の3日間の売り上げから制作費を引いた金額が、日本赤十字社へ寄付されたそうです。
その総額は100万越え。
チャリティーだからとか、そういう意識を全くせずに購入したCDでしたが、具体的な数字を聞くとゲーム音楽好きの力って意外とすごいなと感じました。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック