[GMCD] Never More -Reincarnation: PERSONA4-

PS2のRPG「ペルソナ4」の楽曲のアレンジCD「Never More -Reincarnation: PERSONA4-」をゲット。
そういえば、オリコン発表の11/7付アルバム週間売上ランキングで1位だったそうです。おめでとうございます!

収録曲数は12曲。総プレイ時間は約50分です。

アレンジCDとありますが、原曲から大きく外れたアレンジはありません。
原曲の雰囲気が色濃く残っています。
原曲の特徴であるクールでスタイリッシュな曲調はそのままで、より豪華になったような感じです。

原曲の雰囲気が残っているからといって、ゲームをプレイしていないと聴けないというわけではありません。
ゲームをプレイしていなくても十分聴けます。
もちろん、ゲームプレイ済みの方が、より一層楽しめるとは思いますが。
ただ、そもそも原曲OSTがゲーム未プレイでも聴けるクォリティだったので。

まずゲームありきだった原曲OSTよりも、明るくノリやすい曲ばかりという印象です。
聴いていて気持ちがいいです。爽快感や疾走感を感じます。
ボーカル・平田志穂子さんの芯の通った真っ直ぐな声も、その空気管を際立たせる一翼を担っています。
もはや、ペルソナ4サウンドのボーカルは、平田さん以外考えられないです。

とはいえ、そういう曲とは真逆の曲もあります。
「夢想曲」はピアノとストリングスによるアンサンブルで構成されているし、「Heaven」はピアノとボーカル、ドラムによるシンプルでしっとりしたアレンジになってます。
確か「Heaven」ってダンジョンBGMだったよなぁ。これを聴くと、ますますダンジョンBGMとは思えない。

アレンジャーは、原曲コンポーザの目黒将司氏の他に、「HOSPITAL」などのBGMを担当された喜多條敦志氏も担当されています。
喜多條氏が、目黒氏の後継者になるんですかね。
「I'll Face Myself (-Battle-)」や「夢想曲」など、今回喜多條氏がアレンジを担当された曲が俺のツボを直撃しまくったので、今後の活躍に期待せざるを得ません。

とてもクォリティの高いCDなので、P4の曲や目黒将司氏の曲が好きな方には間違いなくオススメです。
そうでないにしても、曲に少しでも興味を持った方なら、聴いて損はないのではいかと。

なお、初回限定版には、来春4/8(日)に開催される「PERSONA MUSIC LIVE 2012」のチケット先行応募券が付いてきます。
ライヴの会場は、東京国際フォーラム ホールA。
あの収容人数約5,000人というデカいホールです。
日曜日なのに開催時間が遅い(開演18:00)なので、遠方の方には少々厳しいかもしれませんが、興味があるなら初回版がオススメです。

バンド形式のコンサートはちょっと苦手なのですが、俺もとりあえず申し込んでみました。
プレミアムシートの特典にもすこぶる引かれたのですが、懐具合と相談した結果、そっちは第二希望にして指定席を第一希望で。
というか、プレミアムシートは凄まじい争奪戦になりそうな予感しかしない・・・。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック