[GMCD] 428 ~封鎖された渋谷で~ オリジナルサウンドトラック

Wii/PSP/PS3などのAVG「428 ~封鎖された渋谷で~」のOSTをゲット。
先日、PS3版をクリアした記念に購入しました。
2枚組で全73曲。ボーナスシナリオの曲も収録されています。
総再生時間は2時間4分ほど。

コンポーザは佐藤直紀氏、坂本英城氏(ノイジークローク)、それと保本真吾氏の3方。
佐藤直紀氏の名前は知らなかったのですが、Wikipediaで手がけられた作品を見たらビッグタイトル揃いでビビりました。
主に映画やTVドラマ、アニメのBGMを担当されていたようで、ゲームのBGMは、「428」が初めてっぽいです。
各コンポーザが担当された曲をざっと見た感じでは、佐藤氏がメインテーマや各キャラクターイメージ曲など軸となる重要な曲を手がけ、それを補うような小曲を坂本氏が提供したという感じでしょうか。
保本氏は、ゲーム中で妙に浮いてた某ボーナスシナリオのBGMを一手に引き受けたようです。

ゲームプレイ中にもかなり聴いていたのですが、改めてOSTでざっと聴いたところ、渋くてカッコいい曲が多いような印象を受けました。
べったりハードボイルドってわけではなくて、そこはかとなくハードボイルド。
もちろん、シナリオにコメディ要素があるので、滑稽な曲もあるのですが。
ただ、印象的な曲のほとんどが渋い曲のような気がします。
まぁ、単に俺がそういう曲の方が好きだからかもしれませんが。

曲調は、なんでもありです。
ロックあり、テクノやトランスあり、しんみりしたピアノアンサンブルあり、なんともいえない曲あり。
ゲームのOSTとしてはすこぶる王道。
そのため、ゲーム未プレイの人には少々取っ付き難いかも。

例外として、「Main Theme」はゲーム未プレイでも聴ける曲だと思います。
すごくカッコいい曲です。
まるで、スパイ映画や刑事モノの映画のタイトルバック曲のようです。
弦と管楽器とパーカッションの掛け合いが、聴いていて気持ちいい。
この曲はPRESS START 2011で生演奏されたのですが、その当時はゲーム未プレイで曲も聴いたことなかったけれど一発で気に入りました。
その印象があったから、今回OST買おうと思ったのかもしれない。

「428」プレイして面白かったと思った人にはオススメです。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック