[GMCD] PERSONA 2 罪 ORIGINAL SOUNDTRACK

PSP版「ペルソナ2 罪」のOSTをゲット。
全6枚組で、そのうちの2枚にはPS版音源が収録されています。
PSP版は残りの4枚分。
PS版OSTを持ってる身としてはPS版音源分だけ余計だったりしますが、PS版OST持ってない人にとっては親切設計かと。
しかも、6枚組で4,000円切る価格設定とか、どんだけ太っ腹なんだアトラス。

ちなみに、PS版の曲数とPSP版の曲数は、そんなに違わないです。
PSP版には、シアター関連の曲など数曲追加があるくらい。
それなのに、PS版に比べてPSP版がディスク4枚分に膨れ上がっているのは、基本1曲2ループ収録されているから。
PS版が1曲1ループで少々物足りなさを感じていたので、これはうれしい対応でした。

PSP版ペルソナ2をクリアしたのは随分前なのに、なんで今更OSTを購入したのかといえば、きっかけはiTunesでの配信が停止されたこと。
iTunesで配信してるなら、あとでゆっくりDL購入すればいいやー、なんて高をくくっていたら、いきなり配信停止。
ちょっと焦って、気が付いたらAmazonでポチッてました。
これがアトラスの戦略だったりしたら、いいようにもてあそばれてるような気がするけど、まぁいいんです、曲が良かったから。

PSP版のBGMは、それなりにアレンジが入っています。
といっても、オリジナルと曲の雰囲気が似ているので、ゲームプレイ中はほとんど違和感を感じませんでした。
原曲と聴き比べると違いがはっきりわかるけれど、単曲で聴いたらどこがアレンジなのか、あんまりわからないかも。
そんな感じのアレンジです。

個人的には、PSP版のアレンジは結構好きです。
メリハリが効いてて、音がクリアかつシャープになって、耳に残りやすくなったような気がします。
ハードの進化による音質向上だけがその原因ではないと思います。
アトラスは、コンポーザに恵まれてるなぁ。

そういえば、一点。
曲のタイトルを見ていて「お?」と思ったのですが、PS版では「ベルベットルーム」だった曲が、PSP版では「全ての人の魂の詩」に変わっているんですね。
と思ったら、PSP版ペルソナ1初回版に付いてたOSTも、「全ての人の魂の詩」に変わってた。これまで全く気付かなかった。。。
ペルソナシリーズのベルベットルームの曲は、今後このタイトルで統一する方向なんですかね。

ちなみに、ペルソナ1, 2の名物曲「サトミタダシ」は、PSP版でも健在です。
あと、PS版OSTでは収録されなかったED曲「君のとなり」が、PSP版には収録されています。

オススメは「MAP珠瑠市」と「最終ボス戦闘」。
「MAP珠瑠市」は、PS版OSTを聴いていた時から好きな曲でした。
「最終ボス戦闘」は、PSP版で聴いて「あ、この曲いいじゃん」と見直した曲です。
アレンジされたことで急に映えた曲が、結構多かった気がします。

コメント

この記事へのコメント


コメントを投稿する


トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック